漢方薬が効かない理由は・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

最近、漢方薬人気で、漢方薬のテレビCMをよく目にします。
漢方薬をよく知らない一般の方が観ると、
そのCMに出てくる漢方薬は、似たような症状の人であれば、
皆等しく効果があるように誤解されがちで、
「あの漢方薬を飲むと下腹が引っ込むのか!じゃ買って飲んでみよう!」と
誰に相談するでもなく、サプリメントを気軽に買う感覚で
安易に漢方薬を買わせてしまう雰囲気作りがなされています。

それはこつめ先生からすると、すごく危険なこと
もし危険性が低いものだとした場合なら薬効が低いものが使われています。

漢方薬は、その人にとって最適なものを選べば、
この上ない効果を期待できますが、
選択を誤ると効かないだけでなく逆効果になる恐れがあります。
例えば、炎症が起こっている膝に温める漢方薬を服用していたとするといかがでしょう?

漢方薬が効かない理由は、
ただ単にあなたにピッタリ合っていないだけなのです。
≪ 漢方薬が効かない理由は・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

【ペット皮膚相談】吠える癖のあるコーギー犬・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

皮膚病 コーギー犬

コーギー犬 10歳

ペットショップで購入し、健康上なんの問題もなく6ヶ月が過ぎたころ、ある日突然性格が急変。
理由はわからないが人を噛むようになる。
しかるとよけいに興奮してうなり声をあげて噛みついてくる。
怖くて誰ひとり触れないので、1日中首輪をし、玄関にくくりつけ、自由に動けるのは散歩へ連れて行くときだけの状態。
コーギー犬のいらだちは日増しにひどくなり、横を通るときも吠える、新聞をめくるペラペラ音でもはげしく吠える。
常に神経が尖っていて、寝るときも飼い主にお尻をむけて寝ることはない。
知り合いの元トレーナーにも相談すると、お尻を向けないのは受け入れていないというあらわれなので、スキンシップにお腹をふいてあげることをすすめられやってみました。
するとお腹をふいたお母さんにだけはいらだちを半減させました。
しかし、安心して触るまでは遠い道のりです。

6歳の頃
ひんぱんにワキをペロペロなめ出し、ワキがただれ、ついで耳の中や耳の下もただれ、毛も抜けて行くので動物病院へ連れて行く。
抗生物質の飲み薬を処方され服用。
少しはましだが依然として治る様子はなし。

8歳の頃
お母さんが別件で来店しているときに、《皮膚病にこの乳酸菌!》という症例案内があり、乳酸菌服用する前と服用後の写真を見て、「わたしん家のコーギー犬、ちょうどこんな感じ、これいいんですか?」と尋ねられ、よく治っていることや、腸内環境が変わると性格も変わるというお話をしたところ、試してみるということでスーパー乳酸菌製剤45日分(9,500円)を購入されました。
ペットフードの害についても説明し、できる範囲でやってあげられることをしましょうということで、カボチャを湯がいてペットフードと一緒に食べさることにしました。

スーパー乳酸菌製剤を服用2週間後
早くも赤みが減って、ワキのただれが落ちつき、毛が少し生えてきたように思うと経過を話してくれました。
その後、耳の中もキレイになり、毛は生えそろい、始め硬く、あとベトベトだった便が、地面にくっ付かない紙で拾いやすいキレイな便に変わり、散歩しやすいそうです。
なによりうれしいのが、食事中以外いつもピリピリして吠えたり、噛みついたりする性格が、おだやかになりました。

10歳(今現在)
2年も経つと、えらいものですね、自分からなでてほしいとゴロゴロと転がってくるとか(笑)
玄関で神経尖らせて寝ていたのが、今では家族が居てるリビング近くにまで来て、お尻を向けて寝るようにもなっています。(ただ、お父さんには多少いら立つそうです笑)
現在も継続中で元気いっぱいです(^-^)v

家族であるあなたの大事なワンちゃんが、もし噛みついたり、吠えたりしてても、腸内環境が原因かもしれませんよ。そして、アトピー性皮膚炎をはじめとし、皮膚病は間違いなく腸内環境が原因です。
ペットのご相談はぜひ、こつめ先生までご連絡ください。

冷え性(冷え症)相談室 症例集3・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

55歳 女性 守口市在住

主訴 冷え性(冷え症)

冷え性があり、普段から眠りが浅く困っていた。また、気難しいところがあるタイプの方。とりあえず、漢方薬を店頭で味見していただいたところ、すぐに手足が温まるのを実感できたと、1箱15日分(4,000円)購入されました。また、漢方薬により体が温まることで、睡眠も改善されつつあると合わせて喜ばれた。

≪ 冷え性(冷え症)相談室 症例集3・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

冷え性(冷え症)相談室 症例集2・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

50歳後半 女性 大阪市在住

主訴 冷え性(冷え症)

生姜(ショウガ)が冷え性(冷え症)に良いと、テレビの健康情報番組でやっていた。それを観て翌日生姜(ショウガ)の粉末を購入しにきた50代後半の女性。
1週間後、「すっごく温まるから主人と2人で何にでも生姜(ショウガ)を入れて食べています。」と報告してくださいました。
「良いからといって摂りすぎないようにね」とアドバイスしておきました。
1ヶ月後、「こつめ先生の言う通りやわ、この頃温まらないどころか寒い」と言うので、1日にどのくらい摂ってるか聞くと、なんとか何でもかんでも大さじ1杯も摂ってたそうな。
その日から量も決め毎日じゃなくて冷えを感じる日にだけ摂ることにすると、それ以来は順調に温まっているとのことです。

≪ 冷え性(冷え症)相談室 症例集2・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

冷え性(冷え症)相談室 症例集1・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

20歳 女性 大阪市在住

主訴 冷え性(冷え症)

50歳位の女性が来店。20歳の娘さんが冷え性で気力がない、何か良い漢方薬はないかと相談された。話を聞くと月経のトラブルが多く、夏でもクーラーで冷えると言うほど。
そこで冷え性の漢方薬21日分(4,580円)を説明してすすめると「娘が飲まなかったらおばあちゃんに飲ませる」と言って買って帰られました。
3週間が経過し再度お母さんが来店され娘の体の調子が良いとのことで喜ばれていました。現在も継続服用中です。

≪ 冷え性(冷え症)相談室 症例集1・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

中学生の側湾症による腰痛が改善!・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

14歳 女性 大阪市在住

主訴 側湾症による腰痛

12月12日
当店にて母親(70歳代後半)のひざ痛が良くなったことで中学生の姪っ子さんを紹介いただいた。
幼い頃より疲れやすい昔は喘息で苦しんでいたが、今は皮膚のトラブルかゆみで困っている。
血圧は低く、たまに立ちくらみが起こる。食欲にはムラがあり、便通は2日に1回。下半身に強い冷え。水分をよくとる割には尿の回数が4回と少ない。側湾症だが、背骨を指ではわせると、たしかに軽くS字にカーブしているが、見た目にはわからない。皮膚のかゆみもさることながら、側湾症の腰痛を改善したいとのこと。

【望診】
手足が細く、口が小さい、耳たぶは寝ていて小さめ、背中が丸くなっていて姿勢は良くない印象。以上から脾虚と腎虚で、共に陽虚とする。

≪ 中学生の側湾症による腰痛が改善!・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

湿疹の好転反応がすごい・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

64歳 男性 大阪在住

主訴 湿疹

7月13日
以前から、をよくご利用いただいている常連さんから湿疹の相談です。
【患部】
全体に水を含んでポチャポチャしているという印象。ただれていてきたない。細かくぶつぶつとした赤みがある。痒みがあり、かくと黄色い分泌液が少し出る。かいた後の肌が紫色に変色している。湿疹が出てるところは以下の通りです。

≪ 湿疹の好転反応がすごい・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

毎年悩ましい「秋のアレルギー性鼻炎」に体質改善・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

ヤッホー!コツメカワウソのこつめ先生です。
今、当店の相談では
秋のアレルギー性鼻炎
流行しています。ちょっと症例を紹介しますね。

50代女性
鼻炎歴は40年以上
毎年9月から11月までの間
鼻がドボドボ出て、悪寒がするときもあり
朝起きた状態でルル総合感冒薬とアルガード鼻炎薬
2種類飲む分けるそうです。

悪化するとき
■寝起き
■冷えると良くなるとき
温かい食べ物を食べた後は逆に止まるという

望診では ≪ 毎年悩ましい「秋のアレルギー性鼻炎」に体質改善・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

顔のゆがみを治す方法があります!・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

顔のゆがみで悩んでいる方は多いようです。
昨日JPS製薬が主催する漢方エキスパートを育成する研修会「朋友会」に行ってきました。
「朋友会」では毎回驚愕する講義をしていただくのですが、今回私が驚かされた話をご紹介します。
顔のゆがみを自力で治す方法です。

顔のゆがみは一見険しい表情に見えてしまいがちですよね。
人は第一印象が大切とよく言われます。受験の面接や就職の面接でもそれは明らかですよね。
そんな中第一印象を良くしたい、面接を有利にしたいと思われる方は多いことでしょう。
しかし、服装などは簡単に変えることが出来ても人相までもと思うのがあたりまえ。
その人相に大きく関係している顔のゆがみを自力で治す方法があり、しかもこんなにも簡単なことだとは・・・。

≪ 顔のゆがみを治す方法があります!・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

子供がすぐに腹痛が起きるんです・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

15歳 男性 大阪在住

主訴 腹痛

11月15日
幼い頃から子供がすぐに腹痛が起きることに悩まされ続けています。子供が小学校の時に、うわさで「こつめ先生」のことを聞き、頭の片隅に漢方薬があったことと、よくお店の前を通っていたので、いちどカウンセリングを受けさせたかったと思っていた。受験が迫っていて、藁をもすがる思いで飛び込んだとのこと。

【体質】
目は大きいので肝の陽性体質

【問診】
≪ 子供がすぐに腹痛が起きるんです・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

髪の毛を触るとチクチク ピリピリと頭痛がする!・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

49歳 女性 大阪在住

【主訴】 左側のこり、痛み、しびれ、頭痛
11月16日
ご友人の紹介で初来店。
4年前、子供が受験に失敗したり、職場で責任ある仕事についたり、お客とのトラブルで精神的につらかった。
身内が脳溢血で寝たきりになり、
それ以来、めまい、左半身のこり、痛み、引きつりで悩んでいる。頭痛は髪の毛に触れてもチクチク、ピリピリ痛いことがある。
冷えは膝の下が強く冷える。夏は手足少しほてることもある。
首より上はいつも火照っている。
風邪をひくといつも咳で長引く。


≪ 髪の毛を触るとチクチク ピリピリと頭痛がする!・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

『お腹がゴロゴロ鳴るのなんとかなりませんか?』・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

35歳 女性 大阪

9月5日
今日は常連さんからの相談。
ここ最近、急にお腹がゴロゴロ鳴るようになって、仕事中シーンとしてる時なんかにゴロゴロ、ギュルギュルお腹が鳴り出してとても恥ずかしいのでなんとかなりませんか?

【その他の症状】

  • めまい
  • 冷え
  • 軟便
  • 寝起きに顔がむくむ

≪ 『お腹がゴロゴロ鳴るのなんとかなりませんか?』・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

子供の関節の炎症がひどいアトピー性皮膚炎・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

13歳 女性 大阪

3月5日
お母さんが、アトピー性皮膚炎のチラシを見てご来店。
子供のアトピー性皮膚炎で困っているのなんとかしたいという相談。

【病歴】
2歳 ひざの裏が赤くなり、かゆみも出る。
皮膚科を受診すると血液検査で猫アレルギーと診断。
ステロイド剤を処方され一時的におさまる。
≪ 子供の関節の炎症がひどいアトピー性皮膚炎・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

喉に痰が絡む違和感と鼻づまり・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

61歳 女性 北海道在住

4月14日
ブログの記事→痰が絡む不快な症状をご覧になり電話が入る。
30歳 家庭の問題で心療内科へ通院。7年かかって完治した。
58歳 眠れなくなり睡眠剤を服用し始める。この頃に口の乾きが始まる。
59歳 子宮と卵巣に腫瘍が見つかり全摘出。
60歳 息子夫婦と同居し気を使う毎日
今年1月から喉に痰が絡む違和感が続き、病院でムコイダンを処方されるがまったく効果なく、薬局ですすめられた漢方薬「柴蘇飲」を1ヶ月半服用するが効果なし。

【考察】
経過、問診から精神的なことが引き金になっていると推測。

【フィンガーテスト】
精神面をチェック・・・肝胆経虚→柴胡桂枝乾姜湯30日分(8,000円)
全体にチェック・・・肺大腸経虚→漢方薬A30日分(6,600円)
をおすすめした。経過は、LINEのやり取りをご覧ください。

≪ 喉に痰が絡む違和感と鼻づまり・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

冷え性にプロおすすめの漢方ください!・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

主訴 末端冷え性 22歳 女性

11月1日
お姉さんの紹介で来店。漢方は初体験。
手足ともに冷えがつらい。
見るからに元気がなく、気力が少ないように感じる。
食欲は少なく、食べるとすぐに満腹になる。

体質
特徴的なのは目、とにかく大きい。
口数も少ないので肝実証で間違いないでしょう。
目が大きい人は、肝臓も大きいと言われている。
まあ、それはいいのだが、肝実証は肝臓に人並み以上血液を必要とする。胃腸が働き血を製造して入る。
胃腸の働きがしっかりしていないと血を造り肝へ送れない。
五行相関図では、「肝は脾を剋す」といわれ、肝の成長に関与する。
詳しくは→「肝は脾を剋す」

≪ 冷え性にプロおすすめの漢方ください!・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

肝は脾を剋す・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

肝は血を貯えるという使命を司っている。そのため脾というつまり胃腸から常に血を引っ張ってこようとする。これを、相克の関係というのだが、五行相関図の土と木で説明する。
下の図をみてもらおう
≪ 肝は脾を剋す・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

1 2 3 4 19