美容(キレイになる)情報

アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告

アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告してきました

本日、ニチニチ製薬さんからの依頼があり、大阪心斎橋にあるハートンホテル南船場にてアトピー、乾癬、膿疱症の症例報告させていただきました。
50名を超える勉強熱心な先生方が集まり、こつめ先生も緊張感高まりました(((o(*゚▽゚*)o)))
途中用意していたアトピー、乾癬、膿疱症のスライドが出てこないというアクシデントがありましたが、無事役目を果たしました。(ホッ(´∀`))

講義の中でお話ししたアトピー、乾癬、膿疱症の症状分類を書き記します。
≪ アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告 ≫の続きを読む

水虫についてFMラジオハナコ生出演・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ

水虫

本日、FMラジオハナコの生放送日でした。アロマ教室のキーちゃんとナビゲーターのウッジーの3人で1時間務めました。健康のテーマは「水虫
お話の一部を紹介します。

指の間にできる趾間型
足の底から縁にでき痒みが強い小水泡型
足の底全体が厚くなっては剥がれ落ちる角質増殖型
爪に増殖し爪の変色、肥厚する爪白癬

水虫予防
皮膚のバリア層を作ろう
やさしい石鹸を使い、ゴシゴシ洗わずに手で洗う
アクリル生地ではなく絹の靴下をはこう
体内に水が溜まらないよう運動や入浴で汗をかき、ビールやジュースなどを飲み過ぎないようにしましょう。

水虫を漢方的に説明しますと
≪ 水虫についてFMラジオハナコ生出演・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ ≫の続きを読む

ニキビ直し方指針 8年ぶり改定!・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

ニキビ直し方の指針が8年ぶりに改定されました。
治療時期を急性炎症期と維持期分け、新たに承認された外用剤を使い時期ごとに的確な治療をするのだそうだ。それによって、耐性菌の出現を防ぐことを目的としているのだとか。

image

使われる外用剤は3種類あり、
A、これまで主流であった抗菌剤
B、毛穴が詰まる原因となる角質の細胞をはがれやすくすることで毛穴が詰まるのを防ぎ、炎症の原因であるアクネ菌などを死滅させる過酸化ベンゾイル
C、毛穴に詰まる角質細胞の増加を抑えて角質層を薄くする働きがあるアダパレン
≪ ニキビ直し方指針 8年ぶり改定!・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

2016 in OSAKA 癒しフェアに行ってきました!

2016 in OSAKA 癒しフェアに行ってきました。
image
最大の目的は、2年先まで予約が入っている人気医師
新神戸歯科 藤井先生
の講演を聞くことでした。
image
新神戸歯科 藤井先生
はただの歯科医ではなく、
頭痛
肩こり
自律神経失調症
などの治療をする変わった
歯科医さんなんです。
講演では、どうして病人が減らないか?
≪ 2016 in OSAKA 癒しフェアに行ってきました! ≫の続きを読む

皮膚は外の外・・・

いつまでも治らないニキビ、アトピー性皮膚炎、シミ、肌の張りは内臓の鏡であるわけです。問題部分全てに関連して関与してるのは皮膚ですね。ざっくり表現すると外の外となります。

一方、口から食道〜胃〜小腸〜大腸〜肛門の表面はというと皮膚とは呼ばれず粘膜って言いますね。でも、こちら側も外界とつながっていますから外ですよね。ざっくり言うと内の外です。

image
この下手な絵をご覧ください。皮膚と白い部分は外。腸から吸収されてはじめて肝臓、腎臓などの内臓に取り込まれるわけですが、ここは黒い部分で表されています。

皮膚は粘膜の続きだから、皮膚で起こることは粘膜でも起こるわけですよ。イボのできやすい人はポリープもできやすい、皮膚があれやすい人は粘膜もすぐにあれやすい、皮膚の赤味で悩んでいる人は粘膜も熱を持ちやすいんです。

皮膚は内臓の鏡と言われますが、正確には「皮膚は粘膜の鏡」なのです。
ニキビ、アトピー性皮膚炎の方は、小腸粘膜の繊毛というヒダが必ず荒れていますし、大腸の菌バランスも非常に悪い。

だから、引っかかれた、かぶれた、ぶつけたら外の外を治す外用剤、それ以外の理由から発症していれば内の外を強化、改善する漢方薬やサプリメント、食養生が大切なのがわかりますねえ(o^^o)

◆お肌でお悩みの方は、悩んでいないでご相談ください。

胸・お尻・顔が垂れる!要注意!!

先日お話ししました通り、只今土用期間中です。
土用=脾(ひ)の期間=消化器がよく働く期間です。
脾は甘味を好みます。
なのでこの期間になると、無意識のうちに普段以上に甘いものを多く摂取してしまいがちになります。

現代人は普通に生活していれば十分過ぎるほど甘味は摂取しています。
チョコレート、ケーキ、和菓子、ジュース、アイスクリーム・・・・。

神経が張り詰めたときに甘いものを摂取すると緊張がほぐれます。
甘味は緩めるという働きを持っているからです。
しかし、摂取し過ぎると害を及ぼします。
緩めるという作用が度を超すと、肌肉までも緩め垂れ下がらせてしまいます。

胸・お尻・顔が垂れる・・・女性にとっては特に死活問題ですよね。
心当たりのある方は、くれぐれもご注意を! ヽ|´・_・`*|ノ

顔のゆがみを治す方法があります!

顔のゆがみで悩んでいる方は多いようです。

昨日JPS製薬が主催する漢方エキスパートを育成する研修会「朋友会」に行ってきました。
「朋友会」では毎回驚愕する講義をしていただくのですが、今回私が驚かされた話をご紹介します。

顔のゆがみを自力で治す方法です。

顔のゆがみは一見険しい表情に見えてしまいがちですよね。
人は第一印象が大切とよく言われます。受験の面接や就職の面接でもそれは明らかですよね。

そんな中第一印象を良くしたい、面接を有利にしたいと思われる方は多いことでしょう。
しかし、服装などは簡単に変えることが出来ても人相までもと思うのがあたりまえ。
その人相に大きく関係している顔のゆがみを自力で治す方法があり、しかもこんなにも簡単なことだとは・・・。

≪ 顔のゆがみを治す方法があります! ≫の続きを読む