漢方相談ご案内

アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告

アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告してきました

本日、ニチニチ製薬さんからの依頼があり、大阪心斎橋にあるハートンホテル南船場にてアトピー、乾癬、膿疱症の症例報告させていただきました。
50名を超える勉強熱心な先生方が集まり、こつめ先生も緊張感高まりました(((o(*゚▽゚*)o)))
途中用意していたアトピー、乾癬、膿疱症のスライドが出てこないというアクシデントがありましたが、無事役目を果たしました。(ホッ(´∀`))

講義の中でお話ししたアトピー、乾癬、膿疱症の症状分類を書き記します。
≪ アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告 ≫の続きを読む

水虫についてFMラジオハナコ生出演・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ

水虫

本日、FMラジオハナコの生放送日でした。アロマ教室のキーちゃんとナビゲーターのウッジーの3人で1時間務めました。健康のテーマは「水虫
お話の一部を紹介します。

指の間にできる趾間型
足の底から縁にでき痒みが強い小水泡型
足の底全体が厚くなっては剥がれ落ちる角質増殖型
爪に増殖し爪の変色、肥厚する爪白癬

水虫予防
皮膚のバリア層を作ろう
やさしい石鹸を使い、ゴシゴシ洗わずに手で洗う
アクリル生地ではなく絹の靴下をはこう
体内に水が溜まらないよう運動や入浴で汗をかき、ビールやジュースなどを飲み過ぎないようにしましょう。

水虫を漢方的に説明しますと
≪ 水虫についてFMラジオハナコ生出演・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ ≫の続きを読む

ノンレム睡眠の質を高める・・・◇大阪のエキスパート こつめ先生

漢方薬研究講座ヤング会

昨晩は守口市役所にて日本薬局製剤研究会主催 漢方薬研究講座ヤング会講師をさせていただきました。テーマは『不眠』でしたが、主にノンレム睡眠の質の重要性についてお話ししました。
睡眠の質に関する研究では、ノンレム睡眠とレム睡眠を何回か繰り返して朝を迎えるとされており、睡眠の質と言う観点からは、一晩の間にどれだけノンレム睡眠の時間帯があるかが重要とされています。

≪ ノンレム睡眠の質を高める・・・◇大阪のエキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む

道端アンジェリカさんが皮膚病の乾癬と告白・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

道端アンジェリカさんが皮膚病の乾癬であると発表しました。

発表した理由は、スーパーフードを食べているわりに肌が汚いとネットで批判されたからだそうです。
では『乾癬』とはどのような皮膚病なのでしょう。

原因は
≪ 道端アンジェリカさんが皮膚病の乾癬と告白・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む

月経痛の原因を知って和らげる・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

今日は日本薬局製剤研究会の講師をさせていただきました。
今回は「婦人科疾患」についてです。
特に月経痛に絞ってお話ししました。

月経痛
1,気滞瘀血タイプ
2,寒凝胞中タイプ
3,気血両虚タイプ
4,肝腎虚損タイプ
に分けてみました。

1,気滞瘀血タイプ
月経痛は月経前1〜2日に痛むことが多い
◎触られるのを嫌がる
◎胸が張る
◎中に月経量がとても多い人がいる

2,寒凝胞中タイプ
月経痛は月経中痛む
◎温めると楽になる
◎引きつるように痛む

3,気血両虚タイプ
月経痛は月経後2〜3日すると痛む
◎月経量が少なく、色が薄い
◎シクシク痛む

4,肝腎虚損タイプ
月経痛は月経後半に痛む
◎手を当てると楽
◎腰がだるい

月経痛は女性ならつきものと思って軽視する人が多いのですが、子宮や不妊の病気につながるので月経痛のない状態に体質を整えておきましょう。

日本薬局製剤研究会 『冷え痛み』・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

image

千里中央にて日本薬局製剤研究会主催『実践漢方』の講師を務めさせていただきました。
テーマ『冷え痛み』に関してお話しさせていただきました。
冷え痛みを漢方では寒邪(かんじゃ)が経絡に侵入し、経絡の流れを妨げたと考えます。寒邪とは冷気のことです。寒邪が侵入すると筋肉や肌肉を引きつらせます。温めると痛みが楽になるのは寒邪が痛みの原因になっていたということですね。
では、この時期多い寒邪が原因の痛みの処方を紹介してみましょう。

≪ 日本薬局製剤研究会 『冷え痛み』・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

腸内フローラの増やし方・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

昨日はニチニチ製薬30周年記念式典にお招きいただき、京都府立医大付属病院内視鏡超音波診療部部長 内藤裕二先生の講座を聴講しました。

いきなりですが、整腸のためにヨーグルトを食べているのなら無意味であることをお伝えします。腸内環境の研究はとても進んでいて、現在の研究結果ではこの世に産まれた瞬間誰でもが無菌状態ですが、産婆さん、お母さんといろんな人の手から口へと次々に菌が侵入します。

そして、5歳から小学校までの間に腸内細菌のバランス(以下、腸内フローラ)がきまってしまいます。健康長寿のためにヨーグルトを食べても腸まで届いた乳酸菌は翌日にはほとんど体外へ排出されるそうです。便通が良くなることぐらいなもので、健康長寿には寄与しないというのが現実です。

image
子供のうちは腸内フローラは安定していてとても体が元気です。
しかし、大人になるにつれて、コンビニ、外食、ストレス、薬剤、老化によって腸内フローラが崩れ病気になります。

image
健康長寿を目指すには、腸内フローラを元に戻すことが大前提となるそうです。元気とは気を元に戻すと書きますが、まさに腸内フローラを元に戻すことが健康長寿の秘訣だそうです。
健康長寿には、5歳の頃の腸内フローラに戻ればいいんですね。
どうするか?
≪ 腸内フローラの増やし方・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

社交不安症と認知行動療法まとめ・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

他人とのコミニケーションに恐怖や不安を感じて、生活に支障が出るのが社交不安症です。
面談などで考え方や行動の癖を少しずつ直していく認知行動療法がありますが、うつ病以外は保険適応外であったため治療として行えませんでしたが、今年4月からようやく保険適応になりました。読売新聞夕刊でも取り上げられています。

image
認知行動療法が保険で使える範囲の拡大
2010年4月 うつ病

2016年4月 うつ病、社交不安症、強迫症、パニック症、心的外傷後ストレス障害(PTSD)
≪ 社交不安症と認知行動療法まとめ・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む