こつめ先生プライベート

ノンレム睡眠の質を高める・・・◇大阪のエキスパート こつめ先生

漢方薬研究講座ヤング会

昨晩は守口市役所にて日本薬局製剤研究会主催 漢方薬研究講座ヤング会講師をさせていただきました。テーマは『不眠』でしたが、主にノンレム睡眠の質の重要性についてお話ししました。
睡眠の質に関する研究では、ノンレム睡眠とレム睡眠を何回か繰り返して朝を迎えるとされており、睡眠の質と言う観点からは、一晩の間にどれだけノンレム睡眠の時間帯があるかが重要とされています。

≪ ノンレム睡眠の質を高める・・・◇大阪のエキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む

月経痛の原因を知って和らげる・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

今日は日本薬局製剤研究会の講師をさせていただきました。
今回は「婦人科疾患」についてです。
特に月経痛に絞ってお話ししました。

月経痛
1,気滞瘀血タイプ
2,寒凝胞中タイプ
3,気血両虚タイプ
4,肝腎虚損タイプ
に分けてみました。

1,気滞瘀血タイプ
月経痛は月経前1〜2日に痛むことが多い
◎触られるのを嫌がる
◎胸が張る
◎中に月経量がとても多い人がいる

2,寒凝胞中タイプ
月経痛は月経中痛む
◎温めると楽になる
◎引きつるように痛む

3,気血両虚タイプ
月経痛は月経後2〜3日すると痛む
◎月経量が少なく、色が薄い
◎シクシク痛む

4,肝腎虚損タイプ
月経痛は月経後半に痛む
◎手を当てると楽
◎腰がだるい

月経痛は女性ならつきものと思って軽視する人が多いのですが、子宮や不妊の病気につながるので月経痛のない状態に体質を整えておきましょう。

京都 鞍馬寺 ウエサク祭 2016・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

image2016パワースポットとして世界中の人が訪れる京都鞍馬寺。ここで行われる五月満月祭と書きウエサク祭とよばれる祭典、当店に相談をいただいた方々の病気の回復や子宝相談の方々が1日も早くお子さんを授かるための願いをしに参りました。
≪ 京都 鞍馬寺 ウエサク祭 2016・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む

人生初のイチゴ狩り

家内と兵庫県三田市に来ました!
人生初のイチゴ狩り
image

image
案外食べれず計25個 紅ホッペという品種でした。
初めは甘いイチゴを選べず水っぽかったのですが、
家内に選ぶコツを聞いてからはハズレなし!
スーパーで買って食べるのとは違いイチゴ狩りの良さは、自然のエネルギーが土、葉、空気、虫、植物からいただけることですね。
image
イチゴ狩りだけでなく
椎茸狩り、カブト虫狩り、またオヤジ狩り?もできるそうです(*^^*)

2016 in OSAKA 癒しフェアに行ってきました!

2016 in OSAKA 癒しフェアに行ってきました。
image
最大の目的は、2年先まで予約が入っている人気医師
新神戸歯科 藤井先生
の講演を聞くことでした。
image
新神戸歯科 藤井先生
はただの歯科医ではなく、
頭痛
肩こり
自律神経失調症
などの治療をする変わった
歯科医さんなんです。
講演では、どうして病人が減らないか?
≪ 2016 in OSAKA 癒しフェアに行ってきました! ≫の続きを読む

口内炎!舌炎!原因は?・・・◇漢方薬研究講座ヤング会 漢方処方解説

image

昨夜は守口市国際交流センターで月1定例会『ヤング会』の講師をさせていただきました。
テーマは『口内炎、口角炎、口唇炎、舌炎、顎関節症』に関してお話ししました。
口内炎に○○BBを服用したら早く治ります?
ビタミン不足で治る人もいるでしょうが、ほとんどの場合治りません。気休めに服用しているというのが現状。
口内炎の原因の多くは、

≪ 口内炎!舌炎!原因は?・・・◇漢方薬研究講座ヤング会 漢方処方解説 ≫の続きを読む

漢方薬研究講座ヤング会 第15回講座:漢方処方解説

私が講師を務める漢方薬研究講座ヤング会の第15回講座を守口さつきホールで昨日行いました。(´^▼^`)

今回はまず、女性の漢方といわれている当帰が配合された漢方薬について処方解説しました。
漢方薬研究講座ヤング会 第15回講座

当帰は血を造る働きがあります。
血が不足したとき、熱症状が起こる人と寒症状が起こる人がいますが、誤って逆を服用し続けると、徐々に体質が傾いていってしまいます。

もう一つは「動悸」についてお話をしました。
現代医学で「動悸」は他の病気(例えば、高血圧・心臓病)の中のひとつの症状で、それ以外は精神的要因により起こるという程度の扱いですが、東洋医学では、「動悸」それ自体が詳細に分けられています。

  • 虚労病・・・疲れると発症
  • 奔豚気病(ほんとんきびょう)・・・多産・中絶・流産・精神的ショックが原因によるものが多い
  • 痰飲病(たんいんびょう)・・・水分代謝が悪いことにより発症することが多い
  • 脾虚・・・消化器が弱いことにより発症することが多い
  • 胸の陽虚・・・胸に温かみがないことにより発症することが多い
  • 婦人の血症

その他まだまだ沢山あります。

漢方薬研究講座ヤング会 第14回講座:漢方処方解説

私が講師を務める漢方薬研究講座ヤング会の第14回講座を守口さつきホールで昨日行いました。(´^ω^`)

講座のテーマは、漢方処方解説です。
漢方薬研究講座ヤング会 第14回講座

今回は、消化器の機能を高める漢方薬シリーズということでお話ししました。
代表的な漢方薬としては、下記のようなものがあります。

  • 六君子湯(りっくんしとう)
  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
  • 加味帰脾湯(かみきひとう)
  • 人参湯(にんじんとう)
  • 安中散(あんちゅうさん)
  • 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
  • 小建中湯(しょうけんちゅうとう)