アトピー患者の99%が知らない、たった1%の治療法則

アトピー性皮膚炎治療未経験者はご遠慮ください!

皮膚科、美容整形、他の漢方、ドラッグストア、薬局、エステなどで治療したが治らない、どうしたら良いのだろうとホトホト困っている人に全力を注ぎ良くしたいため、気軽な気持ちでの相談はご遠慮ください。

『なぜアトピー性皮膚炎、ニキビは治療しても簡単に治らないのか?』

原因は2つあります。

1つは皮膚を治そうとするからです。

皮膚は体の外で作られているのではなく、

“内臓で作られ、外へ押し上げられていくのです。”

スキンケアやステロイド剤で完治するのは

あくまでも

初期状態であり、長期間経過すると

外からの治療では治らないのです。

レーザー治療やピーリング

に関しても同じことが言えるでしょう。

人間の体は竹輪のように筒状になっています。

口から食べ物が入ってきますが、

朝から吸収されるまではまだ体内に取り込まれたとは言えません。

よって、

リバーシブルジャケットのように

1枚皮で繋がっています。

“表の皮膚が弱い人は、裏の腸の絨毛も荒れています。”

2つ目は根本原因を考えずに治療するからです。

突然起こったように思うアトピー性皮膚炎やニキビですが、

実はそうではありません。

産まれた時すでに体質という言い方や遺伝といった言い方で、

怒りっぽい、
泣上戸、太りやすい、
いくら食べても太らない

など十人十色です。

この体質に

ストレスの種類、
疲れの種類、
食生活の種類、
生活パターン

が加わって

アトピー性皮膚炎、ニキビを発病させます。

乳幼児のアトピー性皮膚炎は、

乳児湿疹を外用剤によって押さえつけるためアトピー性皮膚炎へと変化します。

アトピー性皮膚炎とは、

「摩訶不思議」

という意味であり、どの皮膚病のパターンでもないという、
いわゆる原因不明の皮膚病ということになります。

乳児湿疹の場合、先ほど話した

体質が偏りすぎているためか、
便通が悪いためです。

ほとんどの場合便通をつけてあげると治ります。

原因をつかまず、藪から棒に治療したり、素人の口コミやネットの受け売りで治療すると治らないどころかたいへんこじれることになります。

『アトピー患者の99%が知らない、たった1%の治療法則』

皮膚は内臓のどの部分で作られているのかといいますと、

消化器系である胃と腸です。

食べ物から栄養を取り込み
必要でないものは排出すると言う作業も
消化器系である胃と腸がするわけです。

先ほども言ったように

腸の絨毛が荒れて異種タンパク質まで体内に取り込んでしまいます。
これが老廃物となり、体表へ押し出されて行きます。

99%の方は外用剤や外科治療によって治そうと試みます。

ステロイド、プロトピックなどの外用剤は

道路にアスファルトで舗装するようなものです。
見た目はキレイし、自転車で走っても快適ですね。

しかしその反面、

土は呼吸ができず、

草木は一本も生えなくなります。

外からいくら良い治療をしていても

皮膚は内で作られ外へ押し上げていくため終わりがありません。

多くのアトピー性皮膚炎、ニキビの相談を受け、

治らない原因

“胃と腸”

にあると確信いたしました。

こちらの動画まだの方はぜひご覧ください。
間違いだらけの★治らないアトピー性皮膚炎の原因と改善法

これにより店頭に来れない方に対しても
良い結果を上げる。ことができています。

来店できないという方はこちらからご注文又は質問ください。
お薬本舗モリグチビッグ公式LINE@

強いかゆみに対しては、
状態に見合う漢方薬をお勧めしています。

まずは、こつめ先生に相談ください。

簡単ネット予約こちらです

お薬本舗モリグチビッグ
電話 0669920933