おでこのニキビを改善したい◇漢方相談・漢方薬

いつもご利用いただいているお客様のお孫さんがニキビで困っていてちょうど実家に帰ってきているから診て欲しいと相談がありました。
おばあちゃんと娘さんと11歳のお孫さんがご来店くださりました。

初診 7月31日
1年前から「ツヤゴールド」を服用しているがよくなっているように思えないそうです。
見た感じ肌肉の付き方が少なく脾虚(消化器の未熟さや低下)があるなという印象でした。
舌が細く、苔がなく、全体に赤色なので体液不で舌が縮んでいるのでしょう。
かゆみはないが、ニキビは赤みはあり小さいです。
食欲はあり便は普通だが、冷たいものや揚げ物を飲んだり食べたりすると下痢をします。これも脾虚の特長です。
汗は体全体にかきやすいです。

以上のことからお腹のことをお母さんにお話し、冷たいものを注意しこの日はアレルギーの人用のビスケットをご購入いただきました。

8月26日
お腹を強くしたいから購入してという電話が入りおばあちゃんがご来店くださりました。
「ツヤゴールド」は石膏が入っているから中断してもらいお腹から皮膚をつくれる力をつけるため漢方薬A20日分(4,830円)と患部の熱を取る漢方薬B33日分(5,040円)の併用をおすすめしました。

11月7日
娘さんから電話で「もいういちどチャレンジしてみる」と連絡がありおばあちゃんが再々来店されました。
漢方薬Aはもうひとるだったそうなので胃を温め上半身の熱をとる漢方薬C28日分(5,040円)と漢方薬Bを同時に服用するようにおすすめしました。

12月15日
おばあちゃんがご来店くださりお話を聞くとニキビとお腹が関係していたとは驚きましたと連絡があったそうです。ずいぶん落ちついているそうです。

1月22日
再購入にご来店

よくなったお顔は見ていないのですが、つるつるお肌で笑顔の彼女を思い浮かべ満足しています。

手のしびれを治したい◇漢方相談・漢方薬

手のしびれのご相談は非常に多いです。
病院ではメチコバール(ビタミンB12)をよく処方されるようですが、なかなか効果が上がらないようです。

今日は手のしびれが短期間に改善されたお客様の例をご紹介します。

手のしびれを病院で検査したが「首からきている」と言われるだけで治療はなし。
しかたなく最寄りのドラッグストアに相談し、勧められたお薬を服用してみるが全く効果がありません。
もう少し続けようかとも思ったけれど不安になり、当店へ相談に見えられました。

≪ 手のしびれを治したい◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

逆流性食道炎を治療したい◇漢方相談・漢方薬

逆流性食道炎になる方が、最近増えているようです。
逆流性食道炎の治療には漢方が非常に有効だという実例をご紹介しましょう。

11月21日
東京から帰省された24歳の女性
実家に帰ってきた時、この頃胃が痛くなると聞かされた母親がすぐ病院へ行くようすすめ、結果その病院では胃炎と診断されました。
2週間分のガスターを処方されたそうです。
しかし、症状は全く良くなりません。

東京へ戻り、その後も吐き気だけで嘔吐できずに胸の辺りの気持ち悪さが続くため、東京の病院で再度診察してもらうことに。
そこで逆流性食道炎と診断され、2週間分のタケプロンを処方されました。
しかし、症状はここでも改善されないままでした。

≪ 逆流性食道炎を治療したい◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

土用です

本日から土用になります。

土用は年に4回やってきます。
立春、立夏、立秋、立冬と季節の変わる日の前18日間とされています。
なぜ年に4回もあるのかというと、
春は肝臓、夏は心臓、秋は肺臓、冬は腎臓と季節によって一生懸命に働く臓器が違うのです。
そして、一生懸命に働いてくれた臓器を労うため脾(消化器)がじゃんじゃん働いて栄養を造るのです。100%の状態に戻してあげるのです。
だいじなだいじな18日間なのです。
土用に暴飲暴食、間食、冷飲食などをすれば季節の臓器に栄養を与えられないばかりか、胃腸のトラブルを起こしやすくなります。
また、胃腸の弱い人にとってはなにかと胃腸トラブルが起きやすいので注意してください。

質素な食事で腹8分がベストです。
みなさん2月4日までは食養生しましょう。

漢方薬研究講座ヤング会 第1回講座:風邪

漢方薬研究講座ヤング会の講師に任命されたお話は先日いたしました。

昨夜は守口さつきホール会議室で、その会の第1回講座を行ないました。
私を含め7名フルメンバーが参加、『漢方で風邪を的確に治す方法』というテーマで講義をしてまいりました。

これはその時の講座の様子です。
みなさん真剣でしょ。
漢方薬研究講座ヤング会 第1回講座
ちなみに、中央奥が私です。

卵アレルギーの症状を治したい◇漢方相談・漢方薬

現代医学では、アレルギー物質だけが表立って言われ除去や除菌など避けることがまず考えられますが、
東洋医学では、アレルギー物質も原因のひとつ、
外からの影響を受けやすい防御機能が低下している身体も原因のひとつであると考えます。
逃げたり避けたりするのではなく、戦うことを優先するのです。

現代では卵を避けて生活するのは大変困難です。

今日はそんな卵アレルギーの症状でお悩みのお客様がご来店されました。

初診 H21年10月23日
以前、別のお客様の紹介で来店され、お子様の咳が治らないという相談を受け、
漢方をおすすめしたところ劇的に効き、大変喜ばれたことがありました。
その経緯で、今回、卵アレルギーの症状も漢方で治したいと相談に来られたわけです。
≪ 卵アレルギーの症状を治したい◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

しめつけられる頭痛◇漢方相談・漢方薬

70代 女性
幼いとき広島で被爆し、右腕と肺と大腸が支配する部位に被爆のなごりがあります。
良導絡(気の流れを測定する機器)で測定すると、肺と大腸の測定部分だけ電流が流れておらず、数値0となります。
被爆の影響であるかどうかはわかりませんが、何十年間も毎日しめつけられる頭痛に悩まされ辛いそうです。
表情もなんとなく冴えない感じで、辛さが伝わってきます。

しめつけられる頭痛の症状改善に、今まであらゆる治療を受けられたのですが、治る気配すら全くないそうです。
最終的には精神科へ行かされ、現在は精神薬を服用しておられるそうです。

≪ しめつけられる頭痛◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

頬のかゆみを改善したい◇漢方相談・漢方薬

頬だけがかゆいというのは珍しい相談です。

60代 女性 内職

3年前から左の頬だけがかゆくなりだしました。
見た目には赤くも湿疹にもなっていません。
この情報だけではどうしようもありません。

問診
3年前に緑内障の手術を受けましたが、本人はこれとは関係ないといいます。
いつも微熱を感じカゼかと思い体温を計るとなんともないのです。
内職で座っていることが多いです。
押入れの掃除をすると鼻水が出ます。
肌全体大理石のように冷やっとしています。左頬も冷たいです。
朝方手がこわばります。
耳鳴りが長く続いています。
ゲップ、胃が張る、ガスが良く出る。
食欲がまったくありません。
立ちくらみ、貧血、爪縦割れ
顔色は透き通るほど白いです。
排尿回数1日10回
手足ひどく冷える、背中はいつもゾクゾクしています。
疲れやすいです。
血流計で測定すると「乏血型」と判断されました。

≪ 頬のかゆみを改善したい◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む