肝臓の症状と性格・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

肝臓の症状と性格

日本薬局製剤研究会主催の奈良支部勉強会の講師を努めさせていただきました。テーマは2月4日で立春を迎え、以後72日間、症状を起こしやすい「肝臓」についてです。

肝臓の性質
1、春の三ヶ月は発陳という
≪ 肝臓の症状と性格・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む

関節痛の原因・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

関節痛の原因

本日は、日本薬局製剤研究会実践漢方講座の講師として四天王寺クレオ大阪中央まで来ました。
今日は関節痛に関するテーマで2時間漢方講義させていただきました。

内容を一部ご紹介します。
『通ぜざるもの則ち痛む』
これが痛みの基本であり、何が原因で、何が通じなくなったかを考えて漢方処方を導きます。
痛む時間によって漢方処方を導く方法をご紹介します。

≪ 関節痛の原因・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む

運気を上げる方法・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

運気を上げる方法

伝統生薬研究会の勉強会に出席するため梅田阪急グランドビルへ行って参りました。今回学ぶ講義内容は「運気」。あれ!占い?ちょっと漢方と関係ないんじゃないのと思われるかもしれませんが、漢方家は季節の変化を読んで処方を決定したり、病気にならないように運気上げる方法を考えアドバイスしたりします。
そこで、2018年の運気上げる方法を予測しておきます。

運気によりますと、2018年は火運太過(かうんたいか)となり火星が例年より地球に近づき、地球は火である熱的波動の影響を受けます。
東洋思想における陰陽五行からすると、火星に対して相克関係である金星が弱められると考えられます。臓器でいいますと火は心臓、金は肺とされています。

よって、2018年の運気から健康を予測すると 、心臓がある胸に熱がこもりやすく動悸や息切れ、胸痛、肺の働きが弱まるため咳など気管支に影響が出そうです。また、肺は大腸、皮膚、鼻を支配しているためアレルギー、アトピー性皮膚炎、大腸関連の病気に気をつけることが必要です。

運気上げる方法から回避するためのポイントを考えましょう。それは発散、発汗です。熱がこもらないように注意が必要です。飲み食いで楽しんでばかりではなく、ウォーキング程度でもいいから汗をかくよう努めましょう。継続することで体調が良くなり、結果運気が上がってきます。

運気上げる方法として今年オススメのアイテムは心臓疾患予防に「スーパー田七」胸の熱の発散に「スーパー牛黄」アトピー性皮膚炎、アレルギー対策に「スーパー乳酸菌」です。
もっと運気上げる方法を聞きたい方はぜひお薬本舗モリグチビッグ こつめ先生までご相談ください。

懇親会は、ヘップファイブ観覧車を見下ろしながらの会食でした。

FMハナコ「風邪」の話・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

風邪について

本日新年初仕事がFMラジオハナコの生放送日でした。アロマ教室のキーちゃんとナビゲーターのウッジーの3人で漢方、アロマからのアプローチで健康のお話をしています。
今回健康のテーマは「風邪
お話の一部を紹介します。


≪ FMハナコ「風邪」の話・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

年末年始のご案内・・・大阪の漢方エキスパートこつめ先生

年末年始のご案内

年内は31日18時まで営業です。
年始は、4日にFMラジオハナコの生出演が初仕事となり、お店の営業は5日からです。
7日(日)は臨時営業
8日(祝日)は定休日となります。

当店の定休日は木曜日、日曜日、祝日です。

FMラジオハナコ「冷え性」の話・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

冷え性について

本日、FMラジオハナコの生放送日でした。アロマ教室のキーちゃんとナビゲーターのウッジーの3人で漢方、アロマからのアプローチで健康のお話をします。今回健康のテーマは「冷え性
お話の一部を紹介します。

冷え性対策」
血が末端に来ない冷え性の場合陽気が足りない冷え性の場合があり、陽気には先天の陽気と後天の陽気があります。少し詳しくお話しします。

≪ FMラジオハナコ「冷え性」の話・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

開業20周年!まだまだ漢方勉強です・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

開業20周年

平成9年に薬品店を開業し、今年で開業20年を無事迎えました。当時29歳だったこつめ先生ももう49歳。振り返るといろんな出会いや出来事がありました。今こうして漢方を薬局先生方に講義するようになるとは思いもしませんでした。漢方を始めた時は、毎日毎日漢方漬けで、肌身離さず漢方書を持ち歩き、お風呂場にまで持ち込み、湯船に浸かりながらでも勉強したものです。
そう考えると、この頃は講師のために予習復習はするものの、相談も忙しくなり、初心の頃の情熱は失っていたかも。創業20周年をきっかけにもういちど気持ちを引き締め、学ばないといけません(喝)

写真は私が尊敬する漢方の師匠から創業20周年のお祝いにいただいた空気清浄機です。また店内の気がアップしそうです(o^^o)大阪 守口市門真市のパワースポットお薬本舗モリグチビッグまでパワーをもらいに来てください

講師しました「胃腸と漢方」・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

胃腸の働き

先日は、日本薬局製剤研究会奈良支部漢方勉強会の講師として近鉄奈良駅まで来ました。
今回は胃腸に関するテーマで2時間漢方講義させていただきました。

内容を一部ご紹介しましょう。

脾虚証(胃腸の働きが弱っている者)
胃腸の働きには運化・昇清・統血作用があり、どれが欠けても脾虚証とされる。

1.病因
体質的に胃腸の働きが弱いもの。
または 飲食失調、肉体疲労、久病(病気が長引く)、激しい吐血、慢性の下痢などにより脾の精気が虚損して起こる。

2.病症
≪ 講師しました「胃腸と漢方」・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

ヘミシンクまるの日圭さんと遭遇・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

まるの日圭さん

昨日家内の思いつきで突然、音響療法アコースティックベットを体験することになり、神戸にある水素サロンロゴス神戸をお邪魔した。
突然の思いつきでロゴス神戸になり、いざネットで調べると日曜日は休業日。駄目元で電話すると「こちらロゴス神戸です」なんとつながりました。どうもこの日はセミナーをしているということで開けていたそうな。
どうしてロゴス神戸さんを知っていたかというと、家内はヘミシンクで有名なまるの日圭さんのYouTubeやブログから影響を受け、ヘミシンクを買ったほどの大ファン、ここロゴス神戸まるの日圭オススメのスピリチュアルグッズがあるということを知っていたのでいちど体験したいと思っていたからなのです。
話を戻すと、
≪ ヘミシンクまるの日圭さんと遭遇・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

FMラジオハナコ「目」の話・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

目について

本日、FMラジオハナコの生放送日でした。アロマ教室のキーちゃんとナビゲーターのウッジーの3人で1時間務めました。健康のテーマは「
お話の一部を紹介します。

『東方は青色、入りて肝に通ず、竅(きょう)を眼に開く』
竅とは穴の意味で、眼は肝臓の入り口であるとされます。
『久しく視れば血を傷る』
長く眼を使うと血を消耗しますよということです。血は常に肝臓に蔵されていますから眼の病には肝の変動が多いことがわかります。

の場所によっても内臓の不調を反映します。それは、
≪ FMラジオハナコ「目」の話・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

漢方薬研究講座ヤング会「胸の痛み」・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

胸の痛み

先日は日本薬局製剤研究会主催、漢方薬研究講座ヤング会講師を務めました。
今回のテーマは野村沙知代ことサッチーが急死されましたが、胸の痛みを中心に、日本人の3大死因である「虚血性心疾患」のお話をいたしました。

内容を一部ご紹介しましょう。

≪ 漢方薬研究講座ヤング会「胸の痛み」・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

冷え性改善は漢方薬じゃないと・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

漢方薬で冷え性を改善しました!

3月29日
66代 女性
主訴冷え性改善したい

当店の漢方薬でダイエットに成功した方からの紹介で初来店。
幼い頃から冷え性で、出産までは食も細く42kgでした。青白い顔をしていたが、出産後から55kgに増え、体質が変わり、よく食べるようになった一方、冷え性が強くなりました。 10年前からさらに冷え性が強くなり、下腹部、背中など至る所にカイロを貼らないと仕事ができないようになりました。あきらめていましたが、この機会に改善したいというご相談です。

特徴
夏は朝までクーラーをかけないと暑くて汗が出る。冷えると膝掛けをするタイプ。仕事は息子さんが自営されている魚の卸売りの人を手伝うため毎日電車で職場に通っていますが、職場がとても冷えます。今年2月次男の引っ越しで疲れたのか?鼻の周辺、胸の下にヘルペスができた。自分では内科にかかるのは滅多になく疲れているのだろうと思っている。他に花粉症があり目がかゆく、鼻水が出るので病院から処方されている漢方薬の苓桂朮甘を服用しているが、飲むと眠くて喉が乾燥するとのことです。

冷え性の箇所は、

  • くるぶし
  • 足の甲
  • スネ

≪ 冷え性改善は漢方薬じゃないと・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

妊活2人目☆無事双子を出産・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

出産おめでとうございます♪(v^_^)v

30歳 女性
主訴妊活2人目
3年前にご縁をいただき妊活の後、1人目を漢方薬で出産。
前回の記事→手荒れがきっかけで妊娠しました!
妊活中に漢方薬とスーパーアミノ酸を飲んで妊娠。
H27年5月22日男の子出産。以後もスーパーアミノ酸継続。

H28年5月 卒乳
7月 月経回復
8月,9月 月経なし
10月27日 月経あり。そろそろ2人目妊活を考えているということで、チェックをし血虚があるため漢方薬A30日分(6,700円)とラビシンを開始。スーパーアミノ酸は赤ちゃんの発育と産後の回復、母乳のため継続。

≪ 妊活2人目☆無事双子を出産・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

咳が止まらない対処法を講義・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

日本薬局製剤研究会の講師を務めました!

今回は、風邪について2時間お話ししました。
に関しては特に相談が多い症状となります。に関しては特に細かく話しました。

今日の講座でお話ししたが止まらない者への対処法を一部書き記しておきます。
≪ 咳が止まらない対処法を講義・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

腸内フローラがアトピー性皮膚炎の原因・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

腸内環境がアトピー性皮膚炎を変える!!

大阪のこつめ先生です。
人の腸内には沢山の腸内細菌がいる。
その数およそ300種類、
100兆個が住んでいます。
その中で腸内フローラと言われる
細菌の集合体がいくつも作られています。

腸内フローラとは、
何種類かの腸内細菌がお花畑のように
種ごとに咲いている様を表現しています。

腸内細菌には
善玉菌20%
悪玉菌10%
日和見菌70%
の割合で日々場所を取り合いしています。

あなたの腸に負担がかかっているか、腸診断して見ましょう。
5つ以上当てはまる方は、悪玉が優勢になっているかもしれません。
腸内フローラを見直しましょう。
腸診断

≪ 腸内フローラがアトピー性皮膚炎の原因・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む