腸内フローラがアトピー性皮膚炎の原因・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

腸内環境がアトピー性皮膚炎を変える!!

大阪のこつめ先生です。
人の腸内には沢山の腸内細菌がいる。
その数およそ300種類、
100兆個が住んでいます。
その中で腸内フローラと言われる
細菌の集合体がいくつも作られています。

腸内フローラとは、
何種類かの腸内細菌がお花畑のように
種ごとに咲いている様を表現しています。

腸内細菌には
善玉菌20%
悪玉菌10%
日和見菌70%
の割合で日々場所を取り合いしています。

あなたの腸に負担がかかっているか、腸診断して見ましょう。
5つ以上当てはまる方は、悪玉が優勢になっているかもしれません。
腸内フローラを見直しましょう。
腸診断

≪ 腸内フローラがアトピー性皮膚炎の原因・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

治らないアトピー性皮膚炎の原因と改善法・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

治らないアトピー性皮膚炎の原因と改善法

増加の一途をたどっているアトピー性皮膚炎がどうして治らないのか?
≪ 治らないアトピー性皮膚炎の原因と改善法・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

治らない!若い人(風熱タイプ)のニキビ・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

日日新聞に記事が掲載 パート5

日日新聞に「ニキビ」の記事を掲載しました。
若い人がなるニキビ治らないのでしょうか?そして、特徴はどんなものなのでしょうか?

次から次えと赤くて大きなニキビが、おでこにできやすく、押さえると痛みがあり、かゆみもある。食欲旺盛で青春型の若者や解毒体質と呼ばれる老廃物を溜め込みやすい人に多い。
解毒体質者のニキビ以外の特徴とは、
≪ 治らない!若い人(風熱タイプ)のニキビ・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

キーンという耳鳴りの原因は?・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

キーンなど耳鳴りの原因

本日はFMラジオハナコの生出演。
本日のテーマは「耳鳴り原因」でした。
耳鳴りの鳴り方によって原因がある程度絞れます。

東洋医学では耳は腎臓の支配部位と言われています。ちょうど、腎臓と似た形をしていますね。左右対象に2個付いているというのもまた似ていますね。
もうひとつ、身体の側面は、頸部リンパ節にも支配されていて元締めは肝臓です。
どちらかが不調となり、気がのぼせることで起こります。

耳鳴りの音によって原因を大きく3つに分けました。
まず、キーンという高くて金属音の場合、

≪ キーンという耳鳴りの原因は?・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

ニキビ跡と赤みの治し方・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

 ニキビ跡と赤み

9月26日
20代 女性
主訴ニキビ跡赤み
皮膚科を受診したが効果なく、店頭の看板を見て初来店。
今年の3月から4月にかけて仕事が忙しい中、先輩との仲が悪くなり厳しい期末となりました。
4月、もともとニキビができやすかった(主に顎)が赤みと、頬全体に膿んだようにでき、広がりました。8月、心配で皮膚科を受診。十味敗毒湯と抗生物質を処方され、抗生物質が効いたのか少しマシ。膿んだようなニキビは消失したが、赤みが引かないのとニキビ跡クレーターのようになったため、皮膚科をやめて当店に相談。

望診では、目が大きくパッチリしていて肝は実。耳は小さく左右の形が違う。右の耳が開いていて、左は中輪が突出している。右の腎が先天的に弱いのか?
九星は二黒土星で脾虚(消化吸収が悪いタイプ)
問診では、

  • 食欲にムラがある
  • 排便後にトイレに行くことが多い
  • 食べすぎると吐きやすい
  • 悩むと食べれない
  • 肋骨の下が張っていて押すと痛むらしい
  • 首や肩がこる

≪ ニキビ跡と赤みの治し方・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

30代40代女性に多い めまい ふわふわ・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

 めまい ふわふわ

7月29日
40代 女性
主訴めまい ふわふわ
結婚した頃から体調がおかしく人混みにいるとめまい ふわふわを頻繁に起こすので漢方で治そうと、思い切って初来店。

30代から40代 女性めまい ふわふわを相談される方は非常に多いと思います。これぐらいの年代の方は結婚をして生活が一変することが多いからなのでしょう。子供ができたり、ご主人の面倒を見たり、職場が変わったり、食べる時間が変わったり、ご近所付き合いにストレスを感じたり、もちろん家事で時間を奪われるなどあるでしょう。この40代 女性めまい ふわふわも同様です。 3年前にお金の不安から外で働らき、翌年私が働けなくなったらどうしようという思いから発病しました。同時期に始まった症状を診ていきましょう。

  • 胃がムカムカしたり痛む
  • すぐにお腹が痛くなる
  • 閉所が怖くなった
  • 眠れない
  • 腰が痛む
  • 首や肩がこる

≪ 30代40代女性に多い めまい ふわふわ・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

NHKスペシャル「人体」腎臓・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

NHKスペシャル「人体」腎臓があなたの寿命を決める!

先日NHKにおいて腎臓をテーマにした番組を放送していました。
あなたは、腎臓はおしっこを造るのが仕事なんて単純に思っていませんか?
腎臓はあなたが考えるよりずっと優秀で重要な臓器なのです。

1日に体外に出てくるおしっこの量は1〜2Lですが、実際には180Lもの量がおしっこの素となる血液が腎臓に集まり、老廃物を取り除き再度血液として送り出すということをしてくれているそうです。老廃物を含んだ1〜2Lの液体が尿です。

番組内では、アスリートが高地トレーニングを行なった後の血液中酸素濃度を計測すると80%台に落ちていました。著しい酸素不足です。しかし2週間後再度、練習後に計測すると90%台まで上昇していたんです。これは、高地順応と言って、身体が酸素の薄い環境に適応したものです。この血液、酸素の調整をしていたのが腎臓ということです。

≪ NHKスペシャル「人体」腎臓・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

南果歩さん乳ガン転移なく順調、変色した肌にエミュー・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

南果歩さんとエミュー

乳ガンの手術を受けた女優の南果歩さんが会見で、乳ガンの転移はなく、現在までに再発の兆候もないとおっしゃっていました。現状について聞かれると、治療中に薬で血圧が上がった血圧に薬で血圧を抑える対処や、放射線治療の影響で患部が変色乾燥してしまうためハーセプチンと言う抗ガン治療、抗女性ホルモン剤投与をストップしたと応えていました。

南果歩さんは現在、サプリメントを飲んでいるほか、体が冷えないよう代謝を上げるよう努めたり、乳ガンなどガン細胞が糖質を好むため炭水化物を控えていることなどを明かしました。

乳ガンに対し、放射線治療の影響で変色乾燥してしまった肌に、
≪ 南果歩さん乳ガン転移なく順調、変色した肌にエミュー・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む