自閉症の原因は妊娠中にあり・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

特報!腸内環境の悪化と自閉症

妊娠中の母親の腸内環境の悪化が、自閉症などの神経発達障害を引き起こす大きな要因であることが判明。


アメリカのバージニア大学医学部が7月17日に自閉症のリスクは妊娠中の母親の腸内の微生物(腸内環境)の健康状態によって決定されることを発見した』と発表しました。

現在、主要国における自閉症のお子さんの増え方は普通ではなく、アメリカでは40年ほどの間に70倍も増加しているのです。2015年には68人に1人が自閉症と診断されています。日本を含む他の主要国でも、ここまででは無いとしても、非常に増えていることにおいては同じようです。

その原因については色々とあるようですが、近年わかってきたことが『胎児の脳の成長を担っているのは、腸であり、腸内環境である』ことで、腸内環境がダメージを受けると、脳もダメージを受けると言うことです。
自閉症を予防するために、妊活中や妊娠中の女性が気をつけることは、以下の通り
≪ 自閉症の原因は妊娠中にあり・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

運気を上げる方法・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

運気を上げる方法

伝統生薬研究会の勉強会に出席するため梅田阪急グランドビルへ行って参りました。今回学ぶ講義内容は「運気」。あれ!占い?ちょっと漢方と関係ないんじゃないのと思われるかもしれませんが、漢方家は季節の変化を読んで処方を決定したり、病気にならないように運気上げる方法を考えアドバイスしたりします。
そこで、2018年の運気上げる方法を予測しておきます。

運気によりますと、2018年は火運太過(かうんたいか)となり火星が例年より地球に近づき、地球は火である熱的波動の影響を受けます。
東洋思想における陰陽五行からすると、火星に対して相克関係である金星が弱められると考えられます。臓器でいいますと火は心臓、金は肺とされています。

よって、2018年の運気から健康を予測すると 、心臓がある胸に熱がこもりやすく動悸や息切れ、胸痛、肺の働きが弱まるため咳など気管支に影響が出そうです。また、肺は大腸、皮膚、鼻を支配しているためアレルギー、アトピー性皮膚炎、大腸関連の病気に気をつけることが必要です。

運気上げる方法から回避するためのポイントを考えましょう。それは発散、発汗です。熱がこもらないように注意が必要です。飲み食いで楽しんでばかりではなく、ウォーキング程度でもいいから汗をかくよう努めましょう。継続することで体調が良くなり、結果運気が上がってきます。

運気上げる方法として今年オススメのアイテムは心臓疾患予防に「スーパー田七」胸の熱の発散に「スーパー牛黄」アトピー性皮膚炎、アレルギー対策に「スーパー乳酸菌」です。
もっと運気上げる方法を聞きたい方はぜひお薬本舗モリグチビッグ こつめ先生までご相談ください。

懇親会は、ヘップファイブ観覧車を見下ろしながらの会食でした。

腸内フローラがアトピー性皮膚炎の原因・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

腸内環境がアトピー性皮膚炎を変える!!

大阪のこつめ先生です。
人の腸内には沢山の腸内細菌がいる。
その数およそ300種類、
100兆個が住んでいます。
その中で腸内フローラと言われる
細菌の集合体がいくつも作られています。

腸内フローラとは、
何種類かの腸内細菌がお花畑のように
種ごとに咲いている様を表現しています。

腸内細菌には
善玉菌20%
悪玉菌10%
日和見菌70%
の割合で日々場所を取り合いしています。

あなたの腸に負担がかかっているか、腸診断して見ましょう。
5つ以上当てはまる方は、悪玉が優勢になっているかもしれません。
腸内フローラを見直しましょう。
腸診断

≪ 腸内フローラがアトピー性皮膚炎の原因・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

治らないアトピー性皮膚炎の原因と改善法・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

治らないアトピー性皮膚炎の原因と改善法

増加の一途をたどっているアトピー性皮膚炎がどうして治らないのか?
≪ 治らないアトピー性皮膚炎の原因と改善法・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告

アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告してきました

本日、ニチニチ製薬さんからの依頼があり、大阪心斎橋にあるハートンホテル南船場にてアトピー、乾癬、膿疱症の症例報告させていただきました。
50名を超える勉強熱心な先生方が集まり、こつめ先生も緊張感高まりました(((o(*゚▽゚*)o)))
途中用意していたアトピー、乾癬、膿疱症のスライドが出てこないというアクシデントがありましたが、無事役目を果たしました。(ホッ(´∀`))

講義の中でお話ししたアトピー、乾癬、膿疱症の症状分類を書き記します。
≪ アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告 ≫の続きを読む

【モニター募集!】ペットのアトピー性皮膚炎・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

【モニター募集】

皮膚病で悩むワンチャン、猫ちゃんに朗報!
好評につきモニター2017年5月31日まで延長します。
乳酸菌FK23菌があなたのペットを皮膚トラブルの悩みから解放してくれます。
味はなく、どのワンちゃんもネコちゃんも食事にかけてあげると食べてくれます。

参加条件
服用前の写真と服用後の写メを送ってくださる方
0669920933
または
kotume.monita@gmail.com
2017年5月31日までにご連絡ください。

腸内フローラの増やし方・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

昨日はニチニチ製薬30周年記念式典にお招きいただき、京都府立医大付属病院内視鏡超音波診療部部長 内藤裕二先生の講座を聴講しました。

いきなりですが、整腸のためにヨーグルトを食べているのなら無意味であることをお伝えします。腸内環境の研究はとても進んでいて、現在の研究結果ではこの世に産まれた瞬間誰でもが無菌状態ですが、産婆さん、お母さんといろんな人の手から口へと次々に菌が侵入します。

そして、5歳から小学校までの間に腸内細菌のバランス(以下、腸内フローラ)がきまってしまいます。健康長寿のためにヨーグルトを食べても腸まで届いた乳酸菌は翌日にはほとんど体外へ排出されるそうです。便通が良くなることぐらいなもので、健康長寿には寄与しないというのが現実です。

image
子供のうちは腸内フローラは安定していてとても体が元気です。
しかし、大人になるにつれて、コンビニ、外食、ストレス、薬剤、老化によって腸内フローラが崩れ病気になります。

image
健康長寿を目指すには、腸内フローラを元に戻すことが大前提となるそうです。元気とは気を元に戻すと書きますが、まさに腸内フローラを元に戻すことが健康長寿の秘訣だそうです。
健康長寿には、5歳の頃の腸内フローラに戻ればいいんですね。
どうするか?
≪ 腸内フローラの増やし方・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

頬のニキビ・・・◇漢方相談・漢方薬

14歳 女性
image
2月2日
ブログを見てのご来店顔のニキビを治して欲しいと相談がありました。
乳児の時 卵牛乳アレルギー。口の周りあれ、耳切れ。
幼児の時喘息
現在アトピー性皮膚炎とニキビ

病因は
中学校に入ってすぐ月経が始まりアトピー性皮膚炎に。
昨年7月 骨折のため入院し、それからひどくなりました。

望診は
無口、イラつきやすい、貧乏ゆすり、大きなため息多い、返事はハキハキしている

顔のニキビの特徴的なこととして

  • 朝は必ず目が腫れぼったい
  • 唇が荒れる
  • 舌先が赤い
  • 口唇ヘルペスできやすい
  • 月経前胸が張る
  • 月経中だるい

≪ 頬のニキビ・・・◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む