日本薬局製剤研究会 『冷え痛み』・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

image

千里中央にて日本薬局製剤研究会主催『実践漢方』の講師を務めさせていただきました。
テーマ『冷え痛み』に関してお話しさせていただきました。
冷え痛みを漢方では寒邪(かんじゃ)が経絡に侵入し、経絡の流れを妨げたと考えます。寒邪とは冷気のことです。寒邪が侵入すると筋肉や肌肉を引きつらせます。温めると痛みが楽になるのは寒邪が痛みの原因になっていたということですね。
では、この時期多い寒邪が原因の痛みの処方を紹介してみましょう。

≪ 日本薬局製剤研究会 『冷え痛み』・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

33年間悩まされた左側の頭痛・・・◇漢方相談・漢方薬

53歳 女性
image
2月7日
お母様がチラシで当店を知り初来店。親子二人暮らし。
経緯は、
仕事を始めた20歳ごろから頭痛が始まりました。
日ごろはシクシク痛みますが、ひどい頭痛のときには嘔吐がし、ガンガンに痛みます。冬でも額に冷えピタをするほど熱っぽいとのこと。
若い時は頭痛がすると鎮痛剤のケロリンを服用していました。いつまでも鎮痛剤に頼っていてはいけないと思い、お近くの漢方薬局に5年、その後鍼灸整骨院に5年、そして再び以前通っていた漢方薬局に数年治療していましたが、少し軽減するが頭痛は治らず。ここ3ヶ月は夜中まで頭痛がするため当店を訪れました。
通っていた漢方薬局では、頭痛の治療に田七人参製剤、冠元二号錠を処方されていましたが、強く痛む時はケロリンを服用。

悪化要因としては

  • 月経開始2〜3日前から
  • 仕事帰り
  • 休みの日は朝から
  • 運動後
  • 夜中

≪ 33年間悩まされた左側の頭痛・・・◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む