過食気味な人(脾胃湿熱タイプ)のニキビ・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

日日新聞に記事が掲載 パート4

日日新聞に「ニキビ」の記事を掲載しました。
過食気味な人がなるニキビの特徴はどんなものなのでしょう。

食欲過剰や間食が多く、不眠傾向もしくは眠れていても無呼吸症候群の人がなりやすい。口内炎や下痢や軟便に悩まされているかもしれません。
赤みや熱感を持ったニキビが口の周りやアゴにかけてにできやすく、肝胆湿熱タイプ同様に皮膚から盛り上がり、先端が膿みやすい傾向。
脾胃湿熱タイプのニキビの漢方薬によく使われるのが、
≪ 過食気味な人(脾胃湿熱タイプ)のニキビ・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む

イライラしやすい人(肝胆湿熱)のニキビ・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

日日新聞に記事が掲載 パート3

日日新聞に「ニキビ」の記事を掲載しました。
イライラしやすい人がなるニキビの特徴はどんなものなのでしょう。

アルコールや炭酸飲料などの摂取が多く、常にイライラしています。
赤みや熱感を持ったニキビが顔の下半分にできやすく、皮膚から盛り上がり、先端が膿んでいる。
肝うつ化火タイプ同様、月経前になるとイライラしてニキビが悪化しやすい。
ニキビ以外の特徴は、黄色く臭いがきついオリモノや尿が多くなり、舌の苔も黄色くべたっとしている。
肝胆湿熱タイプのニキビの漢方薬によく使われるのが、
≪ イライラしやすい人(肝胆湿熱)のニキビ・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む

キッチリした性格な人(肝うつ化火タイプ)のニキビ・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

日日新聞に記事が掲載 パート2

日日新聞に今回も「ニキビ」の記事を掲載しました。
キッチリした性格な人がなるニキビの特徴はどんなものなのでしょう。

予定通り行動しないと気が済まない人がなりやすく、ついついオーバーワークになりがちです。
できやすいニキビの場所はこめかみ、頬、胸、背中
月経前になると
1,ニキビが悪化する
2,イライラする
3,胸が張る
するようであれば、肝うつ化火タイプのニキビで間違いないでしょう。
肝うつ化火タイプのニキビの漢方薬としてよく使われるのが、
≪ キッチリした性格な人(肝うつ化火タイプ)のニキビ・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む

日日新聞に記事が掲載 ニキビタイプ、原因・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

日日新聞に記事が掲載

日日新聞に「ニキビ」特集としてしばらく連載することになりました。ニキビには、小さく目立たない謙虚型ニキビと、大きく目立つ主張型ニキビに分かれます。
謙虚型ニキビの漢方薬としてよく使われるのが、
≪ 日日新聞に記事が掲載 ニキビタイプ、原因・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む

アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告

アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告してきました

本日、ニチニチ製薬さんからの依頼があり、大阪心斎橋にあるハートンホテル南船場にてアトピー、乾癬、膿疱症の症例報告させていただきました。
50名を超える勉強熱心な先生方が集まり、こつめ先生も緊張感高まりました(((o(*゚▽゚*)o)))
途中用意していたアトピー、乾癬、膿疱症のスライドが出てこないというアクシデントがありましたが、無事役目を果たしました。(ホッ(´∀`))

講義の中でお話ししたアトピー、乾癬、膿疱症の症状分類を書き記します。
≪ アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告 ≫の続きを読む

【モニター募集!】ペットのアトピー性皮膚炎・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

【モニター募集】

皮膚病で悩むワンチャン、猫ちゃんに朗報!
好評につきモニター2017年5月31日まで延長します。
乳酸菌FK23菌があなたのペットを皮膚トラブルの悩みから解放してくれます。
味はなく、どのワンちゃんもネコちゃんも食事にかけてあげると食べてくれます。

参加条件
服用前の写真と服用後の写メを送ってくださる方
0669920933
または
kotume.monita@gmail.com
2017年5月31日までにご連絡ください。

皮膚は外の外・・・

いつまでも治らないニキビ、アトピー性皮膚炎、シミ、肌の張りは内臓の鏡であるわけです。問題部分全てに関連して関与してるのは皮膚ですね。ざっくり表現すると外の外となります。

一方、口から食道〜胃〜小腸〜大腸〜肛門の表面はというと皮膚とは呼ばれず粘膜って言いますね。でも、こちら側も外界とつながっていますから外ですよね。ざっくり言うと内の外です。

image
この下手な絵をご覧ください。皮膚と白い部分は外。腸から吸収されてはじめて肝臓、腎臓などの内臓に取り込まれるわけですが、ここは黒い部分で表されています。

皮膚は粘膜の続きだから、皮膚で起こることは粘膜でも起こるわけですよ。イボのできやすい人はポリープもできやすい、皮膚があれやすい人は粘膜もすぐにあれやすい、皮膚の赤味で悩んでいる人は粘膜も熱を持ちやすいんです。

皮膚は内臓の鏡と言われますが、正確には「皮膚は粘膜の鏡」なのです。
ニキビ、アトピー性皮膚炎の方は、小腸粘膜の繊毛というヒダが必ず荒れていますし、大腸の菌バランスも非常に悪い。

だから、引っかかれた、かぶれた、ぶつけたら外の外を治す外用剤、それ以外の理由から発症していれば内の外を強化、改善する漢方薬やサプリメント、食養生が大切なのがわかりますねえ(o^^o)

◆お肌でお悩みの方は、悩んでいないでご相談ください。

頬ニキビ・・・◇漢方相談・漢方薬

18歳 女性
image

image
10月8日
お姉さんによる紹介があり、ニキビの相談で妹さんを連れて来られました。
小学校5年生 引越しのストレスから過食を起こし額に白ニキビができ始める。プロアクティブやニキビ用洗顔で対処するが良くならず。
中学生 ニキビは頬とアゴにでき始める。高校受験のストレスでさらに赤みが悪化し化膿し始める。
高学生 ニキビはますます悪化。赤黒くなり始める。クリニックに通院するが効果なし。
現在大学生 だがニキビは悪化傾向。

ニキビの悪化傾向や特徴として

  • 寝る前
  • イライラ

≪ 頬ニキビ・・・◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む