原因不明の皮膚病が腰に・・・◇漢方相談・漢方薬

70歳代 女性
6月19日
image

、よくご来店いただいているお客様から皮膚科を受診していてもなかなか皮膚病が治らないので漢方飲んでみたいとご相談に見えられました。
2ヶ月前から皮膚病が出始めましたが、原因は定かではないです。
仕方がないので、こちらから主導的に問診をすることにしました。
皮膚病の場所的によく汗をかく場所なので汗をよくかくか?。
梅雨時期からの発病なので、雨の日に皮膚病悪化するか?
太陽膀胱経という経絡ルートに集中しているので、皮膚病と同時期に首肩がコリ始めていないか?または、排尿量が少ないか?
などをお聞きしましたところ

回答として

  • 汗かき
  • 雨の日痒い
  • 首がコル

≪ 原因不明の皮膚病が腰に・・・◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

アトピー性皮膚炎 漢方外来に行ってはみたが・・・◇漢方相談・漢方薬

25歳 男性
4月7日
image
image
imageimage
アトピー性皮膚炎のチラシをご覧になり漢方相談にご来店。
10歳のときに背中、手の甲、腕、顔が痒くて、思うように眠れない日が続いたため皮膚科を受診しました。この時に初めてアトピー性皮膚炎と診断され、抗ヒスタミン剤を処方され症状は落ち着きました。
13歳の時にアトピー性皮膚炎が再発し、同じく皮膚科を受診し、抗ヒスタミン剤とステロイド剤アンテベートを処方されるも以前のような効果が出ないまま漫然と治療を続けました。
20歳時に、新たな薬剤プロトピックが発売されたということでアンテベートからプロトピックに変更されたが、薬剤が強くなっていくのを恐れて通院を止めることにしました。
23歳の時に、三重県の漢方外来アレルギー科を受診し、ドクターの説明不足に不満を感じていたが、足と背と顔が少しましになったので現在まで治療を続けました。
が、ある時断食を試みたところアトピー性皮膚炎の状態の回復が早いので、まだまだ治る余地があるんではないかと感じ、思い切って治療を止め、お薬本舗モリグチビッグを訪れました。

アトピー性皮膚炎の悪化傾向や特徴として

  • 夜間と寝る前
  • お風呂などで暖まると
  • かくと少し汁が出る
  • 集中している時、油物や過食を控えると落ち着く

≪ アトピー性皮膚炎 漢方外来に行ってはみたが・・・◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

アトピー性皮膚炎 写真・・・?漢方相談・漢方薬

31歳 男性
4月21日

当店のアトピー性皮膚炎のチラシを見てのご相談がありました。
喘息、糖尿、パニック障害を抱え、その上アトピー性皮膚炎にまでなり、いつからか人目が気になり電車に乗れないようになりました。仕事は自宅で父の自営を手伝っており、自然と外出をしなくなり、引きこもるようになりもう数年外出をしていません。テレビでドクダミが良いと患部に塗布したところ、見た目はツルッとして一見キレイに見えるのですが、とんでもなく痒くまったく眠れません。
見かねた母親が、外出できない息子の写真を持参で来店くださいました。

image

アトピー性皮膚炎の悪化傾向と特徴的なこととして

  • かくと黄汁が出る、シャツに付着、臭いきつい
  • 温まると悪化
  • イライラすると悪化
  • 雨の日は悪化

≪ アトピー性皮膚炎 写真・・・?漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

湿疹 ストレス・・・◇漢方相談・漢方薬

52歳 女性
4月5日
image
image
当店の皮膚病の看板を見てのご相談がありました。
高校生のときにお尻と左首、肘に湿疹やデキモノができ始めましたが、見えるところは対したことないので放置していました。
しかし、20年前マレーシアに住んでいた頃に、漢方医と出会いがあり処方された貝を砕いたようなもので処方されお尻だけは治りました。甘いものを止めるよういわれましたのを記憶しています。今となっては食品添加物が原因してたんじゃないかと思っている。
今は右肘と左の首が悪化。

皮膚病の悪化傾向と特徴的なこととして

  • 汗をかくと悪化
  • お風呂で悪化
  • イライラすると悪化
  • 温度変化で悪化

≪ 湿疹 ストレス・・・◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

胴体にできる湿疹・・・◇漢方相談・漢方薬

60歳代 男性
4月8日
image

胴体にできる湿疹 写真が治らなくて困っているとのことで相談を受けました。
皮膚科でも治らなく、家族から敬遠されているという。

胴体にできる湿疹 写真の特徴と悪化傾向として

  • 胴体の胸と両サイドに集中している
  • 掻くと黄汁が出る
  • 汁は臭いがきつい
  • 雨の日
  • ビールを飲むと

≪ 胴体にできる湿疹・・・◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

漢方薬研究講座ヤング会 第8回講座:皮膚病

漢方薬研究講座ヤング会の第8回講座を守口さつきホールで昨日行いました。(⌒ー⌒)d

講義内容は「皮膚病」で、以下のことについてレクチャーしました。

  • 体質ごとに分けた皮膚病の見方
  • 蕁麻疹(じんましん)、とびひ、ヘルペス、虫刺されなど店頭でよくある相談の対処法

漢方薬研究講座ヤング会 第8回講座

漢方薬研究講座ヤング会 第7回講座:腎虚体質・皮膚病(湿疹)

漢方薬研究講座ヤング会の第7回講座を守口さつきホールで一昨日行いました。d(⌒ー⌒)

講義内容1 「腎虚体質」
体質論は、これが最後になります。

腎虚体質は、以下のようなことから判断します。

  • 耳の大きさ
  • 排尿状態
  • 足腰の丈夫さ

漢方薬研究講座ヤング会 第7回講座

講義内容2 「皮膚病」
湿疹三角形を基に、湿疹時期を分類して治療する技術をレクチャーしました。

湿疹時期は以下のように大別されます。
紅斑期(こうはんき)
 ↓
丘疹期(きゅうしんき)
 ↓
水泡期(すいほうき)
 ↓
膿庖期(のうほうき)
 ↓
糜爛期(びらんき)
 ↓
結痂期(けっかき)
 ↓
落屑期(らくせつき)

漢方薬研究講座ヤング会 第6回講座:お血体質・皮膚病

漢方薬研究講座ヤング会の第6回講座を守口さつきホールで一昨日行いました。d(⌒ー⌒)

今回の講義内容

  • お血体質
  • 皮膚病(皮膚病三角形を使用)
  • 皮膚病写真を使っての意見交換

漢方薬研究講座ヤング会 第6回講座