関節痛の原因・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

関節痛の原因

本日は、日本薬局製剤研究会実践漢方講座の講師として四天王寺クレオ大阪中央まで来ました。
今日は関節痛に関するテーマで2時間漢方講義させていただきました。

内容を一部ご紹介します。
『通ぜざるもの則ち痛む』
これが痛みの基本であり、何が原因で、何が通じなくなったかを考えて漢方処方を導きます。
痛む時間によって漢方処方を導く方法をご紹介します。

≪ 関節痛の原因・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む

日本薬局製剤研究会 『冷え痛み』・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

image

千里中央にて日本薬局製剤研究会主催『実践漢方』の講師を務めさせていただきました。
テーマ『冷え痛み』に関してお話しさせていただきました。
冷え痛みを漢方では寒邪(かんじゃ)が経絡に侵入し、経絡の流れを妨げたと考えます。寒邪とは冷気のことです。寒邪が侵入すると筋肉や肌肉を引きつらせます。温めると痛みが楽になるのは寒邪が痛みの原因になっていたということですね。
では、この時期多い寒邪が原因の痛みの処方を紹介してみましょう。

≪ 日本薬局製剤研究会 『冷え痛み』・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

膝の痛みの原因を知り短期改善!◇漢方相談・漢方薬

60代 女性 主婦
1月8日
昨年12月末から右膝の痛みが出だした。
病院で検査し、少し水が溜まっていると診断され、膝の水を抜いた。
その後も昼夜ともに痛み、じっとしていても痛む。
膝の痛みが辛く自転車をこげない。

膝下をみると静脈瘤状の血管が多数あります。
そこで、過去に事故やケガがなかったか尋ねると、3年前自転車に乗っていた時にこけて、強く打ち腫れたことがあるとおっしゃいます。
長く歩くと悪化し、引きずって歩かないといけなくなるほど膝の痛みが強くなるそうです。

≪ 膝の痛みの原因を知り短期改善!◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む