腸内フローラの増やし方・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

昨日はニチニチ製薬30周年記念式典にお招きいただき、京都府立医大付属病院内視鏡超音波診療部部長 内藤裕二先生の講座を聴講しました。

いきなりですが、整腸のためにヨーグルトを食べているのなら無意味であることをお伝えします。腸内環境の研究はとても進んでいて、現在の研究結果ではこの世に産まれた瞬間誰でもが無菌状態ですが、産婆さん、お母さんといろんな人の手から口へと次々に菌が侵入します。

そして、5歳から小学校までの間に腸内細菌のバランス(以下、腸内フローラ)がきまってしまいます。健康長寿のためにヨーグルトを食べても腸まで届いた乳酸菌は翌日にはほとんど体外へ排出されるそうです。便通が良くなることぐらいなもので、健康長寿には寄与しないというのが現実です。

image
子供のうちは腸内フローラは安定していてとても体が元気です。
しかし、大人になるにつれて、コンビニ、外食、ストレス、薬剤、老化によって腸内フローラが崩れ病気になります。

image
健康長寿を目指すには、腸内フローラを元に戻すことが大前提となるそうです。元気とは気を元に戻すと書きますが、まさに腸内フローラを元に戻すことが健康長寿の秘訣だそうです。
健康長寿には、5歳の頃の腸内フローラに戻ればいいんですね。
どうするか?
≪ 腸内フローラの増やし方・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

腸内環境を整える 話題のFK23菌・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

腸管免疫研究会に所属しておりますが、今日は新大阪で勉強会がありました。

image

image
腸内環境を整える乳酸菌は数々ありますが、今大注目されているのが乳酸菌FK23菌です。
生きた菌を腸まで届かせるというのが最近までの流れでしたが、今は加熱処理された乳酸菌を腸に送り、住み着いている腸内細菌にエサとして食べさせ腸内環境を整えるという流れに変わっています。(^O^)/
本日勉強会でのお話、腸内フローラという言葉を聞いたことはありますか?
≪ 腸内環境を整える 話題のFK23菌・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む

過敏性大腸炎◇漢方相談・漢方薬


2010.122日で紹介したニキビ相談のお客様続きなのですが、
娘のニキビがよくなったということで今度は主人も診てもらいたいということになりました。

以前からお腹が弱く、よく下痢をおこすということで内科を受診しました。
診断は過敏性大腸炎
お薬は処方され服用してみるが全く治る見込みがないので困っていました。
今回漢方で娘さんがよくなったことできっと漢方の信頼が増し相談いただいたのでしょう。

初診 122
問診
いつも下痢というわけではなく、軟便が多く下痢が続くと反動で便秘になります。何回もトイレに行くわけではありません。
アルコールや飲み会時に食べ過ぎると次の日から数日悪化します。
腹痛はあり、排便後どちらかというと疲れます。   
怒りっぽく、イライラしやすいです。。目が疲れます。

ポイント
この場合肝脾不和 (精神的ストレス)の脾から肝に負担をかけているタイプであると考えられます。
東洋医学では肝は自然界では木、脾は消化器のことで自然界では土であると考えます。
肝から脾に負担をかけている場合、木が土から栄養を奪い過ぎ土が痩せます。
脾から肝に負担をかけている場合、土が痩せているため木が思うように栄養をもらえずイラついたり、鉢が小さいため木が大きく育てずに窮屈に感じ抑圧されます。

いずれも消化器が本来持つ、エネルギーを造って全身へ運ぶという力が衰えてしまいます。しかし、前者は胃腸症状が主に、後者はイライラなどの精神的な症状が主に現れます。そしてどちらとも良く食べたり、食欲にムラがあったりしだします。

過敏性大腸炎に使ういくつかの漢方薬から肥えた土、大きな鉢にする漢方薬A10日分(3,980円)を治療的に使い。

それに、過敏性大腸炎の方は胃や小腸、大腸などの粘膜系が弱いか薄いため食べ物により刺激を受けやすい状態になっています。

粘膜を修復、強化できる緑の王様クマ笹液18日分(5,250円)を予防的におすすめしました。

それと大事な食養生のアドバイスを行い90日を目標に様子を見て頂くことにしました。

1月29日

「主人調子いいようです。つきましては1か月分購入します」とたいへんうれしいお礼のご報告をいただきました。

この例は元々の体質からくる病であるため早期によくなりました。

体質外の病は忍耐のいる治療となります。

体質からの場合も気をつけていないとちょっとした不養生で発病してしまうものです。