ショックと看病で食欲不振◇漢方相談・漢方薬

身内で誰かが病に倒れると家族全員体調を崩しやすくなりますよね。

2月3日
父89歳が病に倒れ入院し、母88歳がショックと看病で食欲がなくなり食べれなくなったため、以前当店で購入した精神的な症状に効果がある「清心丸」を飲ませてあげようとお嬢様が買いに来られました。
お母様だけでなく身内の方々みな精神的に疲れているそうなのです。
お母様は食べれないためしかたなく病院より経腸栄養剤を処方され体調を管理しているそうなのです。

「清心丸」を買いに来られたのですが念のためお母様の症状をお伺いすると
気力がなく
足に力が入らない
胸が詰まる
寝汗がひどい
口が苦い

確かに精神的なところからが原因ではあるのだが「清心丸」は暗闇で明かり頼りに出口を求めさまよっているような状態の時に使用するお薬であるが、お母様の場合は疲労困ぱいで身動きが取れず、明かりもぼんやりしてきているような状態です。
お嬢様には今のお母様の状態には「清心丸」は不向きで、ショック、思いが過度に働いたためこの症状が出ているということを時間をかけ説明し、お母様に適した漢方薬A10日分(3,980円)+漢方薬B10日分(4,500円)をおすすめしご購入いただきました。
「清心丸も私が飲むし、身内でめまいするものがいるので飲ませたいから買っておきます」と10丸ご購入されました。

2月13日
お嬢様がご来店され、「おかげ様で母はすぐに食欲が出始めおいしくお食事していますし、元気になりました。しかし、残念ながら昨日父がなくなりました。 清心丸買っておいたおかげで身内の者たちの役に立ちました。」と気丈に振舞ってくださいました。
お母様にはもう少し続けさせるということで漢方薬A+Bをご購入いただきました。

私は仕事柄このような場面に出会うことが多いのですが、心の負担を減らせるお手伝いができることは、素晴らしい職業であると実感すると同時に、しっかり期待に応えていかなければと責任も感じるのです。

食欲不振と軟便◇漢方相談・漢方薬

以前報告しました「のぼせの咳」のお客様からご主人様のことで相談いただきました。

2月6日
激しい下痢嘔吐をして以来、ずっとここのところ食欲がなく、軟便で疲れがひどい状態が続いています。
「主人はお薬を服用することをいやがるんですけど、放っておくわけにはいかないしなにかよい漢方薬はありませんか?」と奥様。
長いお付き合いなのでご主人様の体質も把握してて、脾(消化器)がウィークポイントなのです。
症状的にも体質からきているなあということがわかっているので、脾を元気にして胃内の水はけをよくする漢方薬をおすすめしました。
「脾の漢方薬は1日2日ですぐよくなったなあということはあまりないので2週間ほど続けることをおすすめします」とアドバイスしたが、試し服用してみたいとおっしゃるのでとりあえず2日分お渡しし、腹八分と果物を減らすことをアドバイスしておきました。

後日奥様お越しになり、「おかげ様で主人体調よくなりありがとうございました。もう治ったから飲まなくていいやろと主人が言っていました。効いてくるにはしばらくかかるとおっしゃっていたけどすぐに効きました。」と報告くださいました。なんと1日目ですでに効いていたそうです。

漢方の効き目にはこちらがビックリさせられることもしばしばございます・・・・