腸内フローラの増やし方・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

昨日はニチニチ製薬30周年記念式典にお招きいただき、京都府立医大付属病院内視鏡超音波診療部部長 内藤裕二先生の講座を聴講しました。

いきなりですが、整腸のためにヨーグルトを食べているのなら無意味であることをお伝えします。腸内環境の研究はとても進んでいて、現在の研究結果ではこの世に産まれた瞬間誰でもが無菌状態ですが、産婆さん、お母さんといろんな人の手から口へと次々に菌が侵入します。

そして、5歳から小学校までの間に腸内細菌のバランス(以下、腸内フローラ)がきまってしまいます。健康長寿のためにヨーグルトを食べても腸まで届いた乳酸菌は翌日にはほとんど体外へ排出されるそうです。便通が良くなることぐらいなもので、健康長寿には寄与しないというのが現実です。

image
子供のうちは腸内フローラは安定していてとても体が元気です。
しかし、大人になるにつれて、コンビニ、外食、ストレス、薬剤、老化によって腸内フローラが崩れ病気になります。

image
健康長寿を目指すには、腸内フローラを元に戻すことが大前提となるそうです。元気とは気を元に戻すと書きますが、まさに腸内フローラを元に戻すことが健康長寿の秘訣だそうです。
健康長寿には、5歳の頃の腸内フローラに戻ればいいんですね。
どうするか?
≪ 腸内フローラの増やし方・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

卵アレルギーの症状を治したい◇漢方相談・漢方薬

現代医学では、アレルギー物質だけが表立って言われ除去や除菌など避けることがまず考えられますが、
東洋医学では、アレルギー物質も原因のひとつ、
外からの影響を受けやすい防御機能が低下している身体も原因のひとつであると考えます。
逃げたり避けたりするのではなく、戦うことを優先するのです。

現代では卵を避けて生活するのは大変困難です。

今日はそんな卵アレルギーの症状でお悩みのお客様がご来店されました。

初診 H21年10月23日
以前、別のお客様の紹介で来店され、お子様の咳が治らないという相談を受け、
漢方をおすすめしたところ劇的に効き、大変喜ばれたことがありました。
その経緯で、今回、卵アレルギーの症状も漢方で治したいと相談に来られたわけです。
≪ 卵アレルギーの症状を治したい◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む