帯状疱疹(ヘルペスウィルス)による坐骨神経痛・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生

70歳後半 男性

主訴帯状疱疹(ヘルペスウィルス)による坐骨神経痛
牛黄清心元を愛用している常連さんが、突然左足が痛くなり、曲げ伸ばしも困難なので病院へ行ってみると、帯状疱疹(ヘルペスウィルス)による坐骨神経痛かもしれないという診断で、鎮痛剤だけで様子をみましょうとなり帰宅したが、鎮痛剤も効かず心配となり当店に電話が入りました。

自転車にも乗れないということでタクシーを使ってのご来店。
痛む場所を確認すると胆経が通る側面部。そもそも帯状疱疹(ヘルペスウィルス)による坐骨神経痛が起こるのは体力、抵抗力の低下が原因。フィンガーテストを使って確認すると痛む場所と漢方薬が一致。体力アップに霊黄散3日分922円×3と柴胡桂枝湯3日分500円×3を自信を持ってお勧めしました。

≪ 帯状疱疹(ヘルペスウィルス)による坐骨神経痛・・・◇大阪の漢方エキスパート こつめ先生 ≫の続きを読む