FMハナコの生放送でした。

テーマは『ニキビ』。放送中に話せなかったことも付け加えお話しします。

春は発陳といって、古いものを出していく性質を持っています。春の食材(タケノコ、春菊、タラノメ、フキ、ワラビ)は、解毒効果の高い食材なので、冬の間に美味しいものを食べ過ぎた人はニキビが元気よく顔を出すかもしれません。

なぜニキビが上半身にばかりできるのか考えたことがありますか?
「顔にできるからニキビなんでしょ!」
と言えば、それまでですが、顔にできるような出来物が他に頻繁にできることはありません。お腹周辺にできたら怖くてすぐに病院へ直行しますよね(*≧∀≦*)

まず、東洋医学が考える新陳代謝を説明します。

内蔵で作られたエネルギーは、上と外に向かいます。
エネルギーは飲食からつくられるので、熱に湿気を含む、つまり水を含むエネルギー。煮炊きものを想像ください。胃を鍋と考え、火熱すれば湯気となって昇ります。ちょうど頭は鍋蓋のようになっていますね。エネルギーはこれと同じです。ニキビというのは、この湯気となって上がってきた湿気を含む、熱の発散が悪くて起こるものです。

ニキビは湿疹の類いですが、読んで字のごとく湿と書かれています。湿に熱が加わると「痰飲」という不要な水分に変わります。サラサラした湿から、ネバネバした粘液性の湿へと変化します。お家でも湿気があるとカビが生えやすいように、湿熱が発散できず長期化すると、ニキビに良くないアクネ菌が過剰に繁殖しやすくなります。

正常な熱と病的な熱があることをお話しします。
病的な熱とは、食べ過ぎた熱、疲れた熱、運動による熱、イライラや鬱々気分による熱、ウィルスによる熱、怪我による熱、外気温による熱、これらの熱を発散できない時に熱がこもります。

食材の内容、水加減に応じて火加減を調節し初めて美味しい料理を食せるというもの。つまり正常な熱とは、人でいう、腹八分で抑え、胃を冷やさないよう胃の温度以上のものを飲むようにすることで適正な陽気が生まれます。また、つくった陽気を消耗し過ぎないように、何事も出来る範囲で活動し、おだやかに過ごし、適当に運動し、しっかり身体を休めることです。

大きなニキビほど、湿が多く、小さいほど湿は少なくなります。また、赤いほど熱は多く、少ないほど熱は少なくなります。白いニキビは、熱はなく水分代謝が悪いものと考えます。
ニキビの治療は、状態によって熱を鎮め、水をさばくことで改善して行きます。
また、口の周りに多くできていれば胃の熱だし、額に多くできていれば腸の水分代謝低下だし、こめかみに多くできていればイライラ、鬱々が原因だと考え処方します。

黄連解毒湯、温清飲、荊芥連翹湯、清上防風湯、半夏瀉心湯、加味逍遥散、苓桂朮甘湯、六君子湯、平胃散、黄耆建中湯、補中益気湯、などまだまだたくさん処方があります。
本気で治したい方は、自分で勝手に選ばず、漢方薬を専門に生業としている先生にご相談の上治療ください。