60代 女性

6月12日
鼻と口の周りを中心に顔中ブツブツができた。
昨年も同じ時期にできているが前回のように赤味はない。
この程度ならと放っておいたせいか、3週間前から右まぶたの上に縦3cm横1cmほどの赤いかぶれ皮膚炎)が出た。

自宅にあったステロイド外用剤を塗って、まぶたの赤いかぶれ皮膚炎)は一時的によくなったが、塗るのを止めるとすぐに再発。

他の症候は

  • 右顔面にむくみあり
  • のどがかすれて声が出にくい時がある
  • みぞおちに詰まり感を感じたことがある
  • 肌が少しひんやりして冷たい

肌が少しひんやりして冷たいということから熱がこもっているようではなさそうです。
症候から気の停滞からの症状によるまぶたの赤いかぶれ皮膚炎)ではないかと判断し、気を整える漢方薬A3日分(1,500円)と漢方薬B3日分(1,500円)を併用していただくようおすすめしました。
それに非ステロイドクリームのヒノキAPクリーム(3,150円)を皮膚炎患部に塗布していただくように指示しました。

6月14日
2日間で、まぶたの赤いかぶれ皮膚炎)は、ほとんどよくなったと見せにきていただきました。
顔のむくみもありません。

「お薬続けたほうがいいですか?」と聞かれ、
「明日の朝お顔がむくんでいなければ、後はヒノキAPクリームだけ続けてください。」とアドバイスしました。