アトピー、乾癬、膿疱症の症例報告してきました

本日、ニチニチ製薬さんからの依頼があり、大阪心斎橋にあるハートンホテル南船場にてアトピー、乾癬、膿疱症の症例報告させていただきました。
50名を超える勉強熱心な先生方が集まり、こつめ先生も緊張感高まりました(((o(*゚▽゚*)o)))
途中用意していたアトピー、乾癬、膿疱症のスライドが出てこないというアクシデントがありましたが、無事役目を果たしました。(ホッ(´∀`))

講義の中でお話ししたアトピー、乾癬、膿疱症の症状分類を書き記します。

皮膚病分類
◎湿熱(湿は関節に溜まりやすい)
膨疹、水疱、赤く盛り上がる、ジュクジュク、落屑、びらん、かさぶた、雨天悪化
◎風熱
赤い発疹、膿疱、変化が早い、上半身多い、痒み強い
◎風湿
赤みとジュクジュク、湿熱と風熱の症状を持つ
◎血熱
イライラすると痒い、温まると痒い、絶えず痒い、かくと出血、血のついたかさぶた、口渇
◎血虚
立ちくらみ、目の疲れ、乾燥、赤み軽い、汁出ない、艶がない
◎陰虚
顔首紅潮、汁少ない、乾燥、ひび割れ、口渇
◎瘀血
暗赤色、ザラザラ肌、甲錯、他は治ったが背中、腕などザラザラ
◎肝実
イライラ、ストレスで悪化、胸脇苦満
◎肺虚、脾虚
疲れやすい、かくと黄色い汁、赤みは軽い、カサカサとジュクジュク混在、傷の治り遅い
かサッとしてどことなく赤い感じ、肌の弾力弱い、赤いが触るとそれほど熱がない、

長年治らないでアトピー、乾癬、膿疱症もタイプに合わせて根本治療していけば必ず治ります!あきらめないで!!☆〜(ゝ。∂)