日日新聞に記事が掲載 パート4

日日新聞に「ニキビ」の記事を掲載しました。
過食気味な人がなるニキビの特徴はどんなものなのでしょう。

食欲過剰や間食が多く、不眠傾向もしくは眠れていても無呼吸症候群の人がなりやすい。口内炎や下痢や軟便に悩まされているかもしれません。
赤みや熱感を持ったニキビが口の周りやアゴにかけてにできやすく、肝胆湿熱タイプ同様に皮膚から盛り上がり、先端が膿みやすい傾向。
脾胃湿熱タイプのニキビの漢方薬によく使われるのが、
代表的な漢方薬
黄連解毒湯
半夏瀉心湯

このタイプの人は、食べ過ぎに注意し、ゆっくり眠れる環境を作ることです。就寝前の飲食厳禁!がんばってニキビ治してね☆〜(ゝ。∂)