20歳 女性

ニキビのご相談

imageimage

中学校時代から頬にポツポツとニキビができ始める。母親が若い頃ニキビで悩んでいた経験からピーリング、レーザー、ステロイド剤を積極的に行わせた。
高校2年生 頬、鼻、額に集中してニキビができる。
大学に入ると鼻はなくなり、アゴにでき始める。
留学中ピーリング、ビタミン治療、外用剤など治療
様々なことを行いすぎたせいかすっかり肌質が変わってしまった。
帰国後、2ヶ月経つが頬には小さな白ニキビ、アゴには大小のニキビ、大きいのは赤く硬く、触れると痛い。

10月9日
6ヶ月後、再度留学するのでそれまでに何とかニキビを良い方向に持っていきたいとご相談を受けました。

患部
お肌はすっかり抵抗力をなくしているような状態でガサガサしている。当然化粧のノリも悪い。
ニキビは小腸経、大腸、胃経を中心にできている。体質チェックは以下の通り、

  • 少食
  • 月経前と中日に月経痛
  • 月経は遅れがち
  • 立ちくらみ
  • 冷え性
  • 胃痛

考察

長期に渡って苦しんでいることや、あらゆる治療を行ったのに悪化していることからストレスと気力の衰えがうかがえる。
ニキビの場所の経絡に作用するラビシン30日分(5,500円)とストレスを緩和する漢方薬A30日分(4,000円)、漢方薬B3日分(380円)をオススメしました。

10月17日
写真で比べると良くなっていると実感。体調も良く、冷え、立ちくらみ、胃痛、食欲が改善傾向。ラビシンが効いたと思いますが、水分摂取量を減らしたのにもかかわらず排尿量が同じでありました。
imageimage

10月30日
月経時にニキビ少し悪化傾向。月経痛は初日だけで中日はありませんでした。

11月5日
順調よく改善していたが、赤みが消えにくくなりました。土用期間中に悪化するのは脾虚として消化吸収効率が悪いと診ます。症状の改善と共にラビシン以外の漢方薬は中止し、肺と脾を強くする漢方薬C30日分(4,000円)に変更しました。

11月13日
漢方薬Cがよく合っているようでニキビは改善傾向。
imageimage

11月26日
今回月経前とても調子が良かった。左頬は少し赤いものの、肌全体が平らになってきている。
今年は例年になく冷え性を感じなかったとの事でした。

imageimage

12月10日
月経痛全くなし。左頬は良いが右頬にニキビ増。どうも小さなチョコレートを週3回〜4回食べてたらしい。
この日、お母様も来店され、娘の肌が良くなってきて本人も自信を持ってきているようだ、今までは親にも素顔を見せるのが嫌で帰宅して化粧を落とすと部屋に閉じ籠っていた事を話してくれました。

1月7日
頬が時々赤くなるので何かサプリメントを飲みたいというのでアミノ酸飲料17日分(2,900円)をお勧めしました。
imageimage

1月21日
肌の調子良い。肌がキレイになって赤みも減ってきたぶん白い小さなニキビが目立ちます。
そして、母の心配する心は、娘が大きくなっても続くようで、ここまで良くなったにもかかわらず毛穴の詰まりを取ろうとピーリングを勧めてきたそうだが、過去に行って皮膚がボロボロになったトラウマがあるので本人はもちろん断固拒否をしました。
imageimage

2月15日
1月18日からバレンタインチョコレートの販売を開始し、チョコレートをついつい食べていたせいで右頬にまたニキビ出現。

3月3日
額に白い小さなニキビが目立ち始めました。
処方を利水剤に変え対応。漢方薬Cを漢方薬D30日分(4,000円)に変更しました。

3月11日
漢方薬Dも良く合っていて肌は良い傾向。次回は最後のカウンセリングです。

3月25日
お母様の作ってくれたアルコール抜き?の食事をした後から赤みが出て3箇所ニキビができたという不安要素を残しながらも半年間でガンコなニキビが落ち着き、なんとか留学へ旅立ちました。
良かった良かった。(´^ω^`)ヨカッタネ

imageimage

正面の初診と最後の撮影の比較です。
imageimage

6月20日
留学先は高カロリー食であり、悪化しないようにラビシンと漢方薬Dを継続中です。

あなたも、期待してニキビの相談をこつめ先生にご相談くださいよ〜(^ー^ ◎)