50代 女性 家業

主訴 下痢が続く
ある日、感應丸(かんおうがん)を買い求めにお越しになられました。どのような目的にご使用か伺うと「気の問題かもしれんけど、外出すると便意もよおしてトイレに行きたくなるねん。これ飲むとなんか症状まし、もう10年以上頼ってる」
たしかに、感應丸は精神的なものの下痢や腹痛に良いと昔から言われています。しかし、根本的に改善するものではありません。要は、症状が起きてから服用して軽減させるものです。毎回10回分づつ買って帰られ、なくなったらまたお越しになるというのを1年ほど繰り返していたある日・・・・

「今回は飲んでも効かないねん」とおっしゃったので、「いちど根本的に改善されてはいかがですか?」と提案してみた。「えっ!根本的に治るの?治るんやったらそれに越したことないわ。」ということで、カウンセリングすることとなりました。

《体質》
ポッチャリされていて水の巡りが悪いと思われる。実際、尿の出が悪いとのこと。口は小さくアゴも細いので脾虚タイプであろう。昼間に眠く、冷えやすく、疲れやすいとも言っているので虚証、体質は脾虚陽虚証としました。
《フィンガーテスト》
全体的には胃経虚、精神面でも胃経虚であるため、心身ともに胃腸に負担がある。
《考察》
胃内停水(胃の中に長時間水分が停滞しやすいタイプ)をおこし、尿量が少ないため、便に水が多くなり下痢軟便となる。食べるとすぐに便意を催すのは、持ちこたえる力がない、ひ弱(脾弱)になっている証拠。

脾虚陽虚証で、胃内停水があるタイプには、六君子湯という処方がいいのですが、この方には、もう少し精神的なものの下痢や腹痛に使える香砂六君子湯30日分(12,000円)をオススメしました。

半年後
感應丸の使用回数はほとんどなくなりました。今までなら外食すると直通でトイレに駆け込んでいたのに、今は安心して外食できています。下痢はほぼなし、冷たいものを食べても平気になりました。尿の出具合も良いし、疲れにくい。「昼間の眠気も減って仕事もはかどる」とお喜びでした。

「そろそろ、1日3回を2回に減らしましょうか」と話を持ちかけました。本人も自信を持ってきているのでしょう、「そうしようかな!」と弾んだ返事が返ってきました。

日本人は脾虚民族と言われ、下痢、軟便で悩んでる人は多いと思いますね。ひとりで悩まず、まずはお電話、メールください(^_^)