先週の土曜日、いつも風邪のご相談に見えられる奥様がご来店。
大学受験で東京へ行く息子さんに付き添う娘さんの咳が止まらないため、困っているのでなんとかしてほしいとのご相談がありました。
奥様に娘さんの咳の症状を聞いても詳しいことはわからないというので、娘さんに電話していただき直接、咳の症状をお聞きしました。

が悪化する時間は朝と寝る前です。
電話越しにの様子をうかがうと、痰がゴロゴロと鳴るような音が聞こえます。
肺が冷えて水っぽい痰が多くあることが確認できます。

肺を温める漢方薬A3日分(2,400円)をおすすめしました。

本日、お母様がお越しになり、「東京のほうではお薬効いていました。ありがとう。帰ってきてまたしているからもう3日分下さい。」とのこと。

東京にいる間、が大丈夫だったのは良かったですね。
今後、水分の摂りすぎや薄着で体を冷やさないように注意することで、随分との出方も違ってくると思われます。