昨日は、JPSの漢方勉強会に行ってきました。

今回のテーマは、『望診』と『精神性疾患』でした。

『望診』では、

  • アゴに黒いシミが浮き出ていれば「腎臓疾患」
  • 右頬が赤くなっていれば「肺の熱」
  • 左頬が赤くなっていれば「肝の熱」
  • 鼻の下に赤い斑点があれば「子宮ガン」
  • 瞼に赤い斑点があれば「乳がん」

などの疑いがあるということの解説がありました。φ(・、・)ゞ うーむ

当店においても、以前、原因不明の皮膚疾患のご相談で、左頬が赤いことと胸周辺に多発していたこから、肝の熱が原因と考えた漢方処方を行った結果、あっという間に治すことができた経験があります。

しかし、上記リストは、あくまでも判断材料なので、必ずしもそうであると断言できるものではありません。何か気になる症状がある方は、一度ご相談下さい。d(`・ω・´◎)ネッ!

『精神性疾患』は、

  • 「うつ」
  • 「精神不安症」
  • 「不眠症」
  • 「てんかん」
  • 「分裂症」
  • 「パニック症候群」

などの漢方的な診かたについての講義がありました。

漢方勉強会は、いつも夜遅くに行われるので、参加するのが正直しんどい時があります。
ですが、同じ山を登る者たちが集まるので、いつも元気と勇気をもらうことができます。
結果、しんどい気持ちが消えて、とってもハッピーな気分になって帰宅できるんですよね。|o(`^ω^´)ノ|Ю 帰ったじょー!