53歳 女性

3月24日
漢方でニキビが治った娘さんの紹介でお母さんが初来店。
33歳 妊娠中子宮頸がんが見つかりレーザー治療をする
41歳 病院ヘルパー勤務
45歳 めまいに苦しむ
現在、疲れ取れないだるい
乱視がきつく視力が悪いので非常に目も疲れる。
夜、何度か目がさめる中途覚醒があって日中眠気が強い。

しかし、この中途覚醒は、娘さんが服用していた「麝香(ジャコウ)製剤」で改善。


体質
話し方が早くせっかち、
目は切れ長で耳の中輪は外に出ているところから察すれば肝虚陽性体質。

疲れに伴う随伴症状

  • 便秘がち
  • イライラ感、不安感
  • めまい
  • 耳なり
  • 眼精疲労
  • 首筋、肩のコリ
  • 手のしびれ
  • 腰痛
  • ホットフラッシュ

フィンガーテストチェックは
■脾経実
■大腸経平
■心経実

考察
疲れ取れないだるい原因ですが、
心経に熱が波及すると手のしびれが起こります。
熱の発生元は肝虚です。
問診と一致していましたので、肝虚陽性への漢方薬A 15日分(4,000円)。
大腸経平は気うつ状態と読み取れ、問診の不安感に一致しますので気を動かす漢方薬B 1日分(1,500円)を初日だけ服用いただくよう提案。
造血を目的にスーパーアミノ酸を1本(2,900円)をオススメしました。

4月2日
すっかり疲れ取れだるいと感じることも減り
■便秘
■冷え
■イライラ
■不安
■めまい
■首肩こり
■しびれ
■ホットフラッシュ
すべてが解消
耳鳴り、腰痛だけがまだ少し症状が残っている。

現在も服用続けていて疲れだるさ取れ元気一杯です。

短期間でここまで見事に改善してしまうのは、症状が体質内であるからです。
みなさんこじれて相談に来ますから、たいていの場合、体質を大きくはみ出しているわけです。
今回この方は幸いにも娘さんからの紹介でおいでになりましたが、そうでなければ症状があるまま日々を過ごしていたことでしょう。
「いつか治る」
「まだ薬には頼らない」
「このくらい誰でもあるし」
「もう年だから」
このように考えていると回復する機会を失います。なんでも早め早めに行動し、毎日気分の良い状態を作りましょう。

漢方薬は食べ物の延長線にあるものです。
植物の根っこ、茎、葉、実、種、皮などが原料です。薬でひとくくりになっていますが、化学薬品とは根本的に違います。安心してご相談ください。

0669920933 こつめ先生まで(^_^*)