64歳 女性

1月29日
主訴 蕁麻疹(じんましん)

9年前にも原因不明の蕁麻疹(じんましん)で相談に来たお客さんが久しぶりにおみえになった。
1月25日から蕁麻疹(じんましん)が出始めた。始めは腰、次に腕内側、そして腕外側へと拡散。皮膚科へ行ったが原因はまったく不明。9年前は、もともと精神的に弱く、不安感から起こったと話していました。

考察

今年の冬は例年になく寒い。立春を越えても春の気配はなし。こんな季節は体表に発散されない熱が停滞するので蕁麻疹(じんましん)増えます。病院へ行けばこのかた同様に、原因不明と言われることも多いでしょう。
ご自身でもおっしゃってますが、非常にメンタルが弱い方です。東洋医学で考えますと肺虚で気虚というように証立てます。皮膚は肺に管理されていると考えているので、肺が弱い方は皮膚トラブルを起こしやすいのです。
先ずは9年前にもお勧めした、メンタル強化目的のエゾウコギEX30日分(12,000円)をメインに、今年のような季節の蕁麻疹(じんましん)の漢方薬A7日分(3,460円)、温まるとよく出るというので、冷やす漢方薬B7日分(4,000円)をお勧めしました。

2月5日
蕁麻疹(じんましん)は、順調に治っているが、まだ少し温まると出ています。本人曰く「始めは漢方薬Bがよく効いていましたが、今は漢方薬Aが効いてる気がします。」とのこと。漢方薬Bは今日で廃薬としました。他に変化は、尿の量が増え、むくみが減少。鼻の通りも良くなり、イライラしなくなりました。

2月13日
蕁麻疹(じんましん)は、おかげさまでよくなりました。」と報告の電話。

連絡なくおやめになるよりも、言ってくださることで治療の結果もわかり、双方共に気持ちよく次回お会いできますね。そんな症例でした。(^ー^ ◎)
大阪の守口門真付近で原因がわからない皮膚病でお悩みの方は、ぜひこつめ先生まで!ご予約お待ちしております。