30代 女性
11月23日
風邪でが10日以上続き眠れないとのこと。
病院に通うものの、はいっこうに止まらないのだそうです。
長引く咳を止めるにはどうすればいいかとのご相談です。

症状は他にもあります。

  • で夜中眠れない
  • 熱が上がったり下がったりする
  • 舌の苔が厚くなっている
  • だるい
  • 食欲が低下

漢方でいう少陽病期にあたることがわかります。
少陽病期は、熱が体表と内臓の間でウロウロする状態の期間。
その熱が、肝臓や肺・消化器を熱することで、これら全ての病状を引き起こしているのです。
したがって、その熱を中和するための漢方薬A+B3日分(2,700円)をおすすめしました。

11月26日
と熱は、ほとんど治りました。
まだ、だるさがあり、痰が引っかかるとのこと。
病状が長引いてくると、気の流れに影響をおよぼすことがあり、気が停滞したことによる症状と判断。
気の通りをスムーズにさせる漢方薬C3日分(1,500円)を加え、漢方薬A+Bの効果を更に引き出すため、3つ一緒に服用するよう言い伝えました。

11月30日
来店され、「だるさと痰の引っかかりもなくなりました。頭のもやもやもスッと取れて楽になりました。風邪でも漢方薬はよく効くんですね!」と、笑顔でご報告下さいました。(´^ω^`)ヨカッタネ

長引く咳を止めるのに、漢方薬はおすすめですよ!d(`・ω・´◎)