32歳 女性
3月10日
image

原因不明の湿疹でお悩みのとき、ブログを見てご来店されました。
病歴を伺うと、
2012年6月 突然肌が荒れ始める。 皮膚科を受診しステロイド剤を処方された。
2012年7月 よくならないため別の皮膚科を受診するとステロイド剤を止めるよう指示され中止。
2012年10月 リバウンドしたものの落ち着いてきました。
2013年3月 この時期になり所々出始めました。
2013年5月 湯の里神野々温泉を紹介され訪れ9月まで通い良くなりました。
2014年2月 やはり翌年もこの時期に出始め新しい皮膚科を受診しステロイド剤を処方され少しの期間ステロイド塗っていました。しかし、やはり止めると出てきたので、漢方を処方するクリニックを受診しました。
毛穴に熱がこもっているという説明を受け、「天津感冒片」という漢方薬を主に、「人参湯」「桂枝加竜骨牡蠣湯」「牛車腎気丸加附子」「半夏瀉心湯」「桂枝茯苓丸」計6種類の漢方薬を同時に処方されなんとか赤みは引きました。
2014年2月下旬 けっこう塩がキツイ温泉に行き入浴するとたちまち悪化。
2014年3月9日 治らないので「天津感冒片」を服用するも、黄汁が出て、目の上がパンパン、肌バリバリになり、翌日ブログよりご来店。

原因不明の湿疹悪化傾向として

  • 日光
  • ジュクジュクする時は朝

ひどい場所
目の上、額、口の周り

特徴
排便1日に2,3回、手足冷える、アレルギー体質、イライラしやすい、咽喉の詰まり感、血圧低め、月経量少なく不順
エネルギーを上手く発散できて、ストレスも減らせれば治ると思いました。

考察
上記のことから、血やエネルギーを作る力が弱く、花粉やホコリが体内に侵入しても追い出す力がないと判断。赤みのある場所からすると消化器系から肺へのエネルギー供給が弱いのだろう。
氣の巡りをよくする漢方薬A1週間分(2,520円)、お腹を温め肺の発散力を高めて停滞している熱やアレルゲンを追い出す漢方薬B1週間分(4,760円)をオススメしました。

image

3月17日
原因不明の湿疹は全体的に落ち着いて来ている様子。額の辺りが特に良い。途中疲れると悪化するということに気づいたそうです。服用3日目からイライラと立ちくらみがなくなりました。
さっそく漢方薬Bを中止し、消化器を強くする漢方薬C10日分(3,980円)に切り替えました。

4月1日
原因不明の湿疹に対して差し上げた化粧水で真っ赤になってしまったが、その日以外はお肌は落ち着いています。排便は1日1回に減り、月経痛もなくなりました。右目の外が赤く腫れているのが治りにくいということで、漢方薬Aは中止し、漢方薬D12日分(2,000円)をオススメしました。

4月5日
4月3日に引越しをしたためか、調子良かったのが一変して目を中心に腫れだしました。一過性のものと判断し、このまま継続。

4月12日
額と目の外がカサブタ。引っ越したうえに花粉が多い時期にしては調子いいと思うとのこと。

image

5月,6月
お薬を微調整し、少しづつ悪い日が減っていきました。

7月19日
原因不明の湿疹 の調子が上がって来ました!

image

8月21日
原因不明の湿疹 はすっかり良くなり。気持ちはもう第2子出産に向けて妊活。湿疹予防&妊活漢方の十全大補湯をオススメさせていただきました。

2015年1月24日
全ての漢方薬をいつの間にかお止めになられていたこともあると思われますが、今年も目の上がカサカサしてきたということで漢方薬購入。昨年の漢方薬Dと十全大補湯の働きを半分持つ漢方薬Eをオススメしました。

1月30日
原因不明の湿疹 の治療経過をメールにていただきました。
『こんばんは!あれから、漢方を飲み始めて、いい感じです!痒みも赤みもマシになってます!今日は雨だから?少し痒かったですが…。足先も、漢方飲んでるせいか?冷えがマシです。』とのことでした。
よかったよかった。(´^ω^`)

皮膚病でお悩みの皆様へ、
相談者から「漢方薬はいつまで飲むんですか?」とよくご質問を受けますが、病気の原因が物の過剰からきているものであれば、改善後は速やかに中止した方がいいのですが、体質的に不足しやすいところを補う漢方薬は一生服する方がいいと思っています。私自身病気はありませんが、なんらかの漢方薬を毎日飲んでいます。そう、こつめ先生は200歳まで生きようと企んでいるのです(笑)。そのおかげか、17年間病気でお店を休んだことがありません。
治療開始時、選薬を主治医に委ねたのですから、止めるタイミングもその主治医に委ねるのが自然の流れかと思います。