40代 女性

めまい ふわふわ

7月29日

主訴めまい ふわふわ
結婚した頃から体調がおかしく人混みにいるとめまい ふわふわを頻繁に起こすので漢方で治そうと、思い切って初来店。

30代から40代 女性めまい ふわふわを相談される方は非常に多いと思います。これぐらいの年代の方は結婚をして生活が一変することが多いからなのでしょう。子供ができたり、ご主人の面倒を見たり、職場が変わったり、食べる時間が変わったり、ご近所付き合いにストレスを感じたり、もちろん家事で時間を奪われるなどあるでしょう。この40代 女性めまい ふわふわも同様です。 3年前にお金の不安から外で働らき、翌年私が働けなくなったらどうしようという思いから発病しました。同時期に始まった症状を診ていきましょう。

  • 胃がムカムカしたり痛む
  • すぐにお腹が痛くなる
  • 閉所が怖くなった
  • 眠れない
  • 腰が痛む
  • 首や肩がこる


考察
問診では、この40代 女性めまい ふわふわの治りにくくさせているのは不安感ではあるが、元々ある強い冷えの問題が背景にあるように思います。九星では、六白金星であり肺経のエネルギーが不足しやすいため人一倍不安が出やすいはず。フィンガーテストでは、心、心包経のエネルギーに虚の反応なのでやはり不安感を持ちやすい。不眠があるためまずは1週間、睡眠の質を良くするため漢方薬A7日分(2,661円)をお勧めしました。

7月31日
夜中のトイレが3回から1回に減ったので眠れてる感じがあります。めまい ふわふわに関しては、午前中だけで、午後からなかったとのこと。

8月5日
漢方薬Aがなくなり来店。睡眠はとれているが、この日はめまい ふわふわがするというので、その場で不安感を軽減する漢方薬を2種類服用してもらいました。服用30分後、めまい ふわふわが7割落ち着き、気分がすぐれたというので、漢方薬B15日分(4,000円)と漢方薬C15日分(4,000円)を購入いただき、漢方薬Aは中止。

8月15日
ぐっすり眠れていて、胃痛ムカムカなく、腰痛もないが、ここ数日仕事をミスした時に仕事中は大丈夫なのだが、夜になると不安になる。めまい ふわふわは歩いている時や地下へ行くと倒れそうなる。まだ漢方薬あるので飲み切るまで様子をみましょうとお帰りいただきました。

8月29日
心配したが、日にち薬で落ち着いたらしい。よく眠れてめまい ふわふわも起こっていないらしい。ここまでくると後は深部を温めることです。不安感の漢方薬を中止し、漢方薬D14日分(5,500円)をお勧めしました。

10月11日
しばらく来店がないので気になっていたのですが、40代 女性からのLINEで、「家庭の事情で連絡できませんでしたが、めまい ふわふわは治りました。」と連絡があり、ほっと胸を撫で下ろしました(^O^)

30代から40代 女性めまい ふわふわは不安感があることが多いので、1つの漢方薬ですんなり治ることはありませんが、体質さえつかんで選薬すれば完治させることも可能です。歳のせいと流さず、この機会にぜひ大阪のこつめ先生にご相談ください。お待ちしております(^。^)/