風邪について

本日新年初仕事がFMラジオハナコの生放送日でした。アロマ教室のキーちゃんとナビゲーターのウッジーの3人で漢方、アロマからのアプローチで健康のお話をしています。
今回健康のテーマは「風邪
お話の一部を紹介します。


風邪(カゼ)は風の邪気の略語です。漢方では風邪(ふうじゃ)と言います。風邪は熱性で移動性、症状を次々変えます。一方、寒が侵入する寒邪という邪気もあります。寒邪は深く入り筋肉を強張らせ節々を痛くさします。だから冬に引く風邪(カゼ)は寒気が強く、筋肉痛があるのです。
身体は風邪、寒邪を追い出そうと発汗して追い出そうとしますが、邪気に負けて追い出せないと内臓へと侵入していきます。風邪、寒邪が深く侵入する毎にだるさ、胃腸疾患を現します。
まだ浅い段階で使うのが漢方薬は葛根湯や桂枝湯。少し深くなると漢方薬は小柴胡湯。もっと深く入ると漢方薬は人参湯、麻黄附子細辛湯と深さによって漢方薬や治療法が変わっていきます。

漢方薬は個々の体質によって服用するものが決定しますので、必ず専門家に相談しましょう。

お楽しみのひとつ音楽の時間ですが、今回は寺尾聰さんの「出航~さすらい」を弾き語りさせていただきました。


その模様はYouTubeでhttps://youtu.be/XQ3VKLNTt3s

漢方相談はぜひ、漢方専門の大阪 守口市門真市のお薬本舗モリグチビッグへご相談ください☆〜(ゝ。∂)