体外受精の失敗を乗り越え妊娠

先日、体外受精の失敗を乗り越えて、4年間の努力が実り妊娠されたお客様のお話をご紹介します。
胃腸の具合が悪いと言って相談に来られた常連のお客様に、「娘の不妊治療の話を聞いてもらえますか?」と相談されました。

体外受精の失敗すでに4回、不妊治療歴4年

娘さんは28歳 不妊治療歴4年

最初はタイミング法だけで不妊治療をしていましたが、なかなか受精しないため、その後、体外受精に切り替えました。
しかし、体外受精の失敗もすでに4回、現在は5回目の準備期間中とのこと。
「第1子を希望しています。どうしたらよいでしょうか?」ということで相談にのりました。

基礎体温表を見ると、低温期と高温期が全然わからないほどガタガタで、これでは正常に排卵していないだろうと想像できます。
子宮も長年の治療でかなり疲れているようで、5日間培養された受精卵は5段階のグレートで評価するとG5で、いちばん悪い状態だそうです。

体外受精の場合、まず卵子を取り出し、受精卵にしてから冷凍し、タイミングを合わせて子宮に戻すのですが、娘さんの受精卵は凍結に耐えられないらしく、凍結すると消えてなくなるそうです。

こつめ先生がおすすめする不妊の漢方薬は?

体外受精を成功させるため、まず子宮の疲れをとってあげるのに漢方薬A30日分(15,000円)、卵子の状態が良いか悪いかは胃腸が強いか弱いかによるため胃腸の機能を高める漢方薬B15日分(5,000円)を一緒に飲むようおすすめしました。

1ケ月後の体外受精5回目の日、今まではいつもG5だった受精卵が、今回はG1という一番良い状態になっていたそうです。

受精卵を取り出した医師がビックリして、何をしたのか質問攻めになったそうです。(笑)

元気な受精卵を子宮に戻してもらい、その後、第1子を無事にご懐妊されました。

妊娠中は、母子ともの体調を安定させるための造血に役立つスーパーアミノ酸17日分(2,900円)に切り替えていただき、妊娠9週目には体温も安定して長年の冷えまで解消されました。

3Dエコーで胎児を見ると元気によく動いており、担当医も驚いているそうです。

体外受精の失敗を4回乗り越えての妊娠、本当におめでとうございます!

体外受精の失敗を繰り返し、不妊治療が辛くなっているあなた、ぜひ、こつめ先生にご相談ください(^-^)/