潰瘍性大腸炎が劇的に・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

大阪市 中学3年生 男性

主訴 潰瘍性大腸炎
1年前より下痢と便秘が続き、トイレも我慢できず漏らしてしまうため病院を受診しました。病院での診断は潰瘍性大腸炎。幼い頃よりお腹が弱く、過敏性腸症候群と診断されていました。受験ストレスのため発病したのかもしれませんが、原因不明。このままでは受験どころではないとブログを見てご来店いただきました。

潰瘍性大腸炎

まだ若いし、腸管免疫さえ改善すれば漢方薬を使わずしても良い方向へと導けると思い、スーパー乳酸菌を1日3包飲むようにオススメしました。

2週間後、便意が起こっても我慢できるようになり、便の形もできてきました。

2ヶ月間休まず続け、しっかり便の形が整ったので、1日2包に減らすようにお伝えしたら、翌日さっそく便がゆるくなったと連絡があり、あわてて3包に戻すよう伝えると、みごとに翌朝きれいな便に。

潰瘍性大腸炎は難病指定、完治するのは困難ですが、症状を軽減させながら原因を探し、原因がわかれば止められるのです。ストレスなのか、食の欧米化なのか、原因は様々です。潰瘍性大腸炎でお困りならば、ぜひ一緒に改善目指して難病を克服しませんかo(^_-)O

上記の症状と似た気になる症状がある方は、下記コメントフォームからもご相談いただけます。

※送信された名前・メールアドレス・ご相談内容は、ブログ公開致しませんのでご安心下さい。

気になる症状のご相談内容をどうぞ