68歳 女性

主訴 胸の痛み 漢方薬服用歴なし

12月7日
症状があまりにも改善しないので、ご主人がインターネットで探しご来店くださった。

43歳で出産。産後の養生なくあくせく働いたせいか胸の痛みがはじめて起こる。数日すると落ち着いた。
51歳 産後以後なかったが、胸の痛み、動悸がして夜もまともに眠れないので病院を受診。微小血管狭心症と診断されました。
53歳 母の介護のため週一回大阪から鳥取へ通う日々。本人は平気と言うが、ご主人によるとすごく疲れて見えたそうです。
56歳 腎盂腎炎で入院。
51歳のとき胸の痛みが出始めてからというもの、様々な形で胸に関するのトラブルを起こす。

  • 胸焼け
  • 心臓の背中側が痛い
  • 胸がザワザワする
  • 胸に砂利を置いて押さえられる感じ
  • 胸に板を張った感じ

病院の検査では今回は異常がないとのこと。

考察

若い頃、月経痛がひどく、左へそ下に強い痛みがあることと、発病が出産後からということで、抹消血流障害のひとつである瘀血(おけつ)の状態だと考えました。産後の養生を怠ると、瘀血か血虚(貧血状態)になりやすいと言われています。
望診では、瘀血の特徴であるクモの巣状血管が両ホホにあり、眉毛の上が赤味がかっていることから、上半身に瘀血がありそうです。
Oリングテストでは、心臓付近に反応あり。大腸経が実の状態であることから瘀血が原因であることが確信しました。
胸の痛みが悪化する前はよく大便が出ると、少し変わったこと言っていました。おそらくそれは逆で、症状が悪化すると、便を出して気を抜こうとているのだと思われます。もう少し積極的に排便させていくと症状が軽減すると思われます。

長年治らないことと、症状があるにもかかわらず検査数値に異常がないと言われたことから不安感が強いと思われます。不安感を落ち着かせる目的に漢方薬五加参EX30日分(12,000円)、気を下ろし、瘀血を改善する目的の漢方薬B(4,000円)をお勧めしました。

12月13日
眉上の赤味が減少していました。背中の痛みがなくなりました。胸の痛み中心に胸の不快感全般減少傾向。大便が1日に3〜4回結構な量が出るが、予想通り症状は悪化しないみたいです。症状の訴えが胸よりも頭痛を気にするようになりました。頭痛はお風呂で湯にかかった時、起床時になるようです。おそらく急な寒暖の差で逆上せるのだと思われるので、入浴前に足湯してから湯にかかるようアドバイス、朝もすぐに布団から出ずに、少し手足を動かしてから出るようにアドバイスしました。

12月20日
大便は1日2回になりました。板を張ったような不快感もなくなり、両ホホのクモの巣状血管が薄くなってきました。不眠であったのも短い時間だが熟睡できました。頭痛は足湯をしてからなくなりました。。

1月10日
1月3日、1〜2時間だけ胸がザワザワしました。
1月4日、5日とだんだん調子を上がって、この日はすごく調子が良いとのことです。

そのまま、来られなくなりましたが、きっと胸の痛みなく元気にお過ごしのことでしょう。術者としては、最終の結果は確認しておきたいものです。治療を中止したい方はお気遣いなくおっしゃってくださいね(^ー^ ◎)
大阪の守口門真付近で原因がわからない胸の痛みでお悩みの方は、ぜひ漢方薬のエキスパートこつめ先生まで!ご予約お待ちしております。