鼻炎がなかなか治らない◇漢方相談・漢方薬

鼻炎がひどく鼻水がだらだら流れ小青竜湯を服用しているがいっこうに治らない。
身体もしんどくなってきた。
しかたなく点鼻薬でしのごうと買いに来られた。

いつもは小青竜湯でよくなるのにおかしいと思い、「すぐ楽になるの飲ませてあげようか?」といって少し問診しました。

聞くと鼻水は粘っこく咽喉も痛いというので「小青竜湯」の状態が少し深く入り熱がこもっているなあと判断し、
「小青竜湯」1/2に熱とりの漢方を1/2
一緒に混ぜ店内で飲んでいただきました。
残りは夕方服用してと差し上げた。

楽にはなっていればよいのだが・・・

手足のしびれが辛くストレスになっている◇漢方相談・漢方薬

手足のしびれは検査を受けてもはっきりしないことが多く、病院では「治りません」と言われることがあるかと思いますが、あきらめないで下さい。
あきらめた瞬間本当に治らなくなります。
病気ってそんなものですよね。

しびれは問診によって原因が明らかになってきます。

では、今日お見えになられた手足のしびれがすっかり改善された方の実例をご紹介します。

64歳の女性 パートで清掃をされています。

9月9日
右手と右足がしびれて困っているので何とかして欲しいと相談に見えられました。
当店へ来るまで病院で検査を受けたり、整骨医院へ通ったりしたが治らない。
「一人暮らしのため私は病気には弱いんです。」とおっしゃいます。
すごく気分が落ち込んで、この先どうなるものかと不安になるそうです。

≪ 手足のしびれが辛くストレスになっている◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

かかとの痛みの原因 実は・・・◇漢方相談・漢方薬

かかとの痛みの相談は意外と多いのです。
私も経験しましたが、つらいですね。
病院で検査したが異常なしと診断され、治ることなく続くかかとの痛みの原因は、ほとんどが腎機能の減退、停滞です。

今回、かかとの痛みに1年もの間悩んでおられ、当店に相談に見えられたことで短期間に改善された方の症例をご紹介します。

11月20日
50代の女性 工場勤務(立ち仕事)
2008年末から右のかかとの痛みが出だし1年が経ち、最近すごく痛むようになりつらいとのこと。
近くの整形へ行きレントゲンをとるが異常なし。
「これは治らないよ。」と言われたところ、当店の痛みの広告を目にし相談に見えられました。

≪ かかとの痛みの原因 実は・・・◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

ひどいニキビを改善したい◇漢方相談・漢方薬

ニキビは原因がマチマチで、スキンケアでよくなるニキビもあれば、体質を改善しなければならないニキビもあるんですよね。
それはニキビの悪化具合や経過日数で判断することになります。

当店の広告を見られた方が「孫がニキビで困っているので診て欲しい。」と相談に来られました。
「寝屋川市に住んでいるので今度来させるから予約します。」とのこと。
11月26日
19歳になる女の子のお孫さんが来店。
小学生時は喘息でよく入院していたが、中学生の頃からアトピーに転換
この頃にカゼから肝炎になり入院、以来手のひらが黄疸様に黄色くなったそうで、病院で相談すると「体質だから問題ない」といわれ
仕方なく自己判断でウコンを服用しているが別段変化はなしとのこと。
3年前から顔のニキビがひどく、病院で治療を始めるが1ヶ月間で少しも変化が感じられないと次から次へと治療を変え、現在に至るそうです。
成人式までには何とかして欲しいとお願いされる。

≪ ひどいニキビを改善したい◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

漢方薬研究講座ヤング会の講師に!

私は日本製剤薬局研究会の大阪北支部支部長をさせていただいております。

そこで今回、真剣に漢方を始めたいという先生方を中心に、小グループの漢方薬研究講座ヤング会を開催する運びとなり、なんと私が座長兼講師に任命されました。

来年からの漢方薬研究講座ヤング会開催にあたり、昨夜は親睦会ということで、京阪守口駅近くの居酒屋に集まり、次の世代を担う30代前半から40代後半の7名の先生達で大いに盛り上がりました。

更年期からのうつ病をみてほしい◇漢方相談・漢方薬

うつ病のご相談が急激に増えています。

うつ病、神経症、分裂症など精神症状はさまざまです。
漢方治療の場合、病名ではなく、体質をまず考え、発病の原因からお薬と養生法を決定していきます。

11月20日
目がクリクリっと印象的な51歳の女性

更年期からのうつ病をみてほしいとのご相談です。
最寄りの婦人科内科で更年期からのうつ病と診断され現在通院中。
病院では「コンスーン」を処方されている。

色々と悩みを聞いてくれていた母親が亡くなり、ご主人は透析なのだそうです。

問診

  • のぼせ
  • イライラ(根源はご主人とのこと)
  • 胸苦しい
  • 背中の痛み
  • 高血圧
  • ふらつき
  • 膝下冷え
  • 不眠(夜中2時頃に目を覚ますと眠れない)
  • 右手第一関節痛(特に親指が痛い)
  • 良導絡で測定するとリンパのエネルギーが亢進しています。
  • 性格的に仕事をやりはじめると最後までやり終えないと気が済まないタイプとのこと。

≪ 更年期からのうつ病をみてほしい◇漢方相談・漢方薬 ≫の続きを読む

だるさが取れない、のぼせる症状・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

だるさが取れないというのは肉体的要因、精神的要因が考えられますでしょ。
しかし、肉体的要因であれば休めばだるさは取れます。取れないというのは大抵は精神的なものが多いですね。

職業はコールセンター32歳男性からの相談
11月30日
だるさが取れない のぼせるという相談
職場では昼夜交代制でコールセンターであるため体力と気をたくさんつかう日々が続き、身体がまいり、鍼と気功治療に通い首のズレとストレス抜きを月2回程度通院してピークは過ぎた。通院までの間を漢方薬でつなぎたいというのがご希望です。

【問診】
午前中身体がだるく、いつも突然のぼせてしばらくすればおさまる。
たまに歩いているとフラフラ端に寄っていき、胸苦しさや胸のつかえ感がある。
動悸はあるかの質問に高校時代心臓不整脈で再検査といわれ結果異常なしだったことがあると答えてくれた。
試験があるそうで現在勉強中。
今ある他の症状 ≪ だるさが取れない、のぼせる症状・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

手湿疹の症状を改善したい・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

手湿疹で相談にみえられた22歳の女性
3月に就職するのでそれまでに治したいとのご希望です。

初診 10月29日
問診
20歳の頃、アルバイトで食器を洗うようになってから手湿疹の症状が出はじめる。
手湿疹で左右の手共に赤くガサガサになっている。
特に右手の中指・薬指・小指の症状が目立ち、薬指の手のひら側の付け根がひどく赤い。
朝方、指の股がかゆくなるそう。
手は湿っている(同伴の母親曰く、昔からいつも手汗をかいている)
手足は冬でも熱い
この頃よく「イラっとする」が口癖になっている(母親談)
舌先には歯型がつき色はピンク色

≪ 手湿疹の症状を改善したい・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

メタボ基準とメタボ対策情報!・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

メタボに関して気になる方は、非常に多いと思います。
昨日、小太郎漢方研修会に出かけ、メタボ基準とメタボ対策に関しての情報を得ましたのでご紹介します。

≪ メタボ基準とメタボ対策情報!・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

漢方薬が効かない理由は・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

最近、漢方薬人気で、漢方薬のテレビCMをよく目にします。
漢方薬をよく知らない一般の方が観ると、
そのCMに出てくる漢方薬は、似たような症状の人であれば、
皆等しく効果があるように誤解されがちで、
「あの漢方薬を飲むと下腹が引っ込むのか!じゃ買って飲んでみよう!」と
誰に相談するでもなく、サプリメントを気軽に買う感覚で
安易に漢方薬を買わせてしまう雰囲気作りがなされています。

それはこつめ先生からすると、すごく危険なこと
もし危険性が低いものだとした場合なら薬効が低いものが使われています。

漢方薬は、その人にとって最適なものを選べば、
この上ない効果を期待できますが、
選択を誤ると効かないだけでなく逆効果になる恐れがあります。
例えば、炎症が起こっている膝に温める漢方薬を服用していたとするといかがでしょう?

漢方薬が効かない理由は、
ただ単にあなたにピッタリ合っていないだけなのです。
≪ 漢方薬が効かない理由は・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

1 16 17 18 19