お腹の詰まり感で食べれない・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

42歳 女性 大阪南

主訴 不安感でお腹が詰まり食欲がなくなる

11月8日
ブログをみて初来店。幼い頃にアトピーでひどくはないが名残はある。
16歳 唇がかさつき便秘で不安喉のつかえが起こり始める。その後、月経痛や皮膚トラブルが重なる
23歳 お腹の詰まり感食欲がないため漢方治療を開始。数10件、漢方医や漢方薬局を渡り歩くが良くならない。
39歳 顔がかゆくなる。
42歳 2月に蕁麻疹が出はじめ、漢方薬局に行き、折衝飲合半夏厚朴湯合柴胡清肝湯合柴胡加竜骨牡蛎湯を主に、ストレスと肩こりが強いときは柴胡疎肝湯を、しぼられるような腹痛のときには帰耆建中湯を、肌にはケイ玉膏ビオチンを処方され服用したが全く効果がない。唯一、帰耆建中湯ケイ玉膏はいいような気がするとのこと。

≪ お腹の詰まり感で食べれない・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

講師しました「胃腸と漢方」・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

胃腸の働き

先日は、日本薬局製剤研究会奈良支部漢方勉強会の講師として近鉄奈良駅まで来ました。
今回は胃腸に関するテーマで2時間漢方講義させていただきました。

内容を一部ご紹介しましょう。

脾虚証(胃腸の働きが弱っている者)
胃腸の働きには運化・昇清・統血作用があり、どれが欠けても脾虚証とされる。

1.病因
体質的に胃腸の働きが弱いもの。
または 飲食失調、肉体疲労、久病(病気が長引く)、激しい吐血、慢性の下痢などにより脾の精気が虚損して起こる。

2.病症
≪ 講師しました「胃腸と漢方」・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

漢方実践会で得た胃腸が弱いあなたに役立つ情報!

昨日の日曜日、大阪梅田センタービルにて開催された日本薬局製剤研究会主催の漢方勉強会に参加してきました。

実践的な話がほとんどなのですが、その中で胃腸が弱いあなたのお役に立つ情報がありましたのでご紹介します。

≪ 漢方実践会で得た胃腸が弱いあなたに役立つ情報! ≫の続きを読む