足が上がらずヨタヨタ歩き・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

80歳代 女性 大阪府

主訴 足のむくみ 足のだるさ

5月25日
自宅から百貨店へ向かうバスの中から当店を見ていて、漢方薬の文字が気になっていたらしい。
整形外科に通ってはいるが、一向に良くならないため、思い切って途中下車し、ご来店いただきました。

病院ではノルバスク、アジルバ、アレジオン、バイアスピリン、パキシル、キプレス、シンビコート吸入とたくさん薬を処方されている。

カウンセリング開始
【望】口と目は小さく、ポッチャリしている。気の不足と血の不足になりやすいタイプ。
【聞】とにかく声が小さく、なんども聞き返さないといけない。気の不足で声を出せないのだ。
【切】むくみを指で押してもらうと、凹んだところがなかなか戻らない。これは虚腫と言ってエネルギー不足。
【問】テレビで水分をたくさん摂るようにと聞き、意識的に水をたくさん飲んでいる。
そのせいで排尿回数が1日10回以上もある。ただ、尿量は少なく、便はいつも軟便。
特徴的なのは、右腕に大きな内出血があるのでたずねると、注射をするといつも内出血し、なかなか治らないという。
寝つきが悪いので安定剤を常用している。そのために目覚めがすごく悪い。
少し歩くと息が切れてしかたがない。
ふくらはぎに違和感があり、指がこわばるのだが、特に朝にこわばる。

足が上がらず、ヨタヨタ歩くのは何が原因か?・・・

【考察】 ≪ 足が上がらずヨタヨタ歩き・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む