食欲ないし、食べれない・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

72歳 男性 ビル管理会社勤務

主訴 胃が不調で食欲がないしで食べれない

62歳 膀胱頸部硬化症(娘夫婦と同居し始めて以降体調が悪い)
66歳 胃下垂 病院より六君子湯を処方
68歳 肺結核
71歳5月 疲れやすい、食べれない、息苦しい。右の鼻の通りが悪いので、当店近くの耳鼻科へ鼻通しと、謎のエネルギー注入をしてもらいに通院していましたこともあり補中益気湯と十全大補湯を処方
その後、漢方薬を服用してはいるが症状は改善されず。

3月2日
良くならないまま半年以上が経過。いつも通り通院したある日、いちど本格的な漢方店で診てもらいたかったということもあり、当店の漢方の看板を見て初入店。「なんとか食べれるようになりたい」と相談されました。
本人曰く、ビル管理の仕事をしており、クーラーの風が直接あたってたのをずっと辛抱して発病したとのこと。メンタル面では、仕事に行く前は火災が起こったらどうしようかなとついつい悪いことを考え必要以上に緊張してしまうらしいです。他の症状にゲップが多く、頻尿でもある。
こちらのお父さん、72歳になった今も8人の孫さんに学を与えたいがため、学費を稼ぐため老体にムチ打ってがんばってるという涙ぐましい努力に、こつめ先生は感銘を受け、なんとか食べれるようにしてあげたいと強く思うのでした。

《望診》頬がこけてて、あきらかに脾虚
《腹証》みぞおちがつかえ硬い(心下痞硬)、脇下が張っている(胸脇苦満)
《フィンガーテスト》胃経虚、心経平

さて、こつめ先生!食欲がないし、食べれない訴えにどう応える?

≪ 食欲ないし、食べれない・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む

お腹の詰まり感で食べれない・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生

42歳 女性 大阪南

主訴 不安感でお腹が詰まり食欲がなくなる

11月8日
ブログをみて初来店。幼い頃にアトピーでひどくはないが名残はある。
16歳 唇がかさつき便秘で不安喉のつかえが起こり始める。その後、月経痛や皮膚トラブルが重なる
23歳 お腹の詰まり感食欲がないため漢方治療を開始。数10件、漢方医や漢方薬局を渡り歩くが良くならない。
39歳 顔がかゆくなる。
42歳 2月に蕁麻疹が出はじめ、漢方薬局に行き、折衝飲合半夏厚朴湯合柴胡清肝湯合柴胡加竜骨牡蛎湯を主に、ストレスと肩こりが強いときは柴胡疎肝湯を、しぼられるような腹痛のときには帰耆建中湯を、肌にはケイ玉膏ビオチンを処方され服用したが全く効果がない。唯一、帰耆建中湯ケイ玉膏はいいような気がするとのこと。

≪ お腹の詰まり感で食べれない・・・◇大阪の漢方エキスパートこつめ先生 ≫の続きを読む